議会の新陣容決まる

[PDFファイルを表示]

議長 小松氏、副議長 柴田氏に

 県議会はさる七月十日午後三時半から本会議を開き、大塚政市郎議長と大野忠右工門副議長から出された辞表をそれぞれ受理、大塚前議長の指名で山崎良造氏(自民)が仮議長となって新しい正副議長の選挙を行なった。
 この議長選の結果、自民党の統一候補として推された小松武文氏(自民)が、有効投票総数四十六票のうち三十二票を獲得して第四十一代の議長に選ばれた。
 続いて行われた副議長選挙では有効投票総数四十六票のうち柴田忠一郎氏(自民)が三十二票で当選した。


小松武文氏略歴

 大正二・八・一九生。仙北郡太田村出身。県議当選四回。
 大曲農高卒。仙北郡旧長信田村長、自民党県連幹事長などを 歴任。


柴田忠一郎氏略歴

 明治三七・二・二二生。平鹿郡十文字町出身。県議当選四回 。秋田師範卒。平鹿郡旧植田村長、自民党県連議員会長など を歴任。


常任委員の割りふり決まる

 さる七月十五日に開かれた県議会本会議で常任正副委員長および常任委員の所属変更が決まり、先述の新議長、副議長の選任とともにここに県議会の新陣容が決定された。

◇総務委員会

委員長    成田 重右衛門
副委員長 加藤 義孝
委員 西村 節朗
佐藤 善治郎
柴田 忠一郎
小松 武文
金 利三郎
掛札 光郎
長谷部七郎
穂積  惇

◇教育厚生委員会

委員長    山本 三郎
副委員長 深瀬 倉次
委員 木内 主計
小山田 四郎
大里 文祐
三浦 盛典
畠沢 恭一
田村 修二

◇農林委員会

委員長 原  龍一
副委員長 佐藤 久一
委員 佐藤 育秀
荻原 麟次郎
大塚 政市郎
庄司 孔一
堀内 常雄
   田中 忠治

◇土地改良委員会

委員長    渋谷 倉蔵
副委員長 青山  倭
委員 谷藤 征得
大野 忠右工門
畠山 敏雄
小幡谷 政吉
佐藤 吉郎
中川利三郎

◇産業労働委員会

委員長    寺田 栄四郎
副委員長 田中  昌
委員 渡部 重秋
鬼川  誠
高橋 誠一
折戸多 次郎
松井 慶太郎
池田 捷司

◇土木委員会

委員長    田ロ 芳郎
副委員長 渡部 正一
委員 山崎 良造
岡部 正徳
桜庭 小右衛門
佐藤 邦彦
小笠原 元
佐々木 信行