話題くさぐさ

[PDFファイルを表示]

この欄は、この一カ月間に起きたいろいろなできごとを、次の諸新聞から抜すいして紹介するものである。(秋田魁新報"共同通信記事を含む"朝日、毎日、読売、産経、河北各新聞)


本県の参院選投票率

 七月一日の本県地方区参議院議員選挙では、有権者数七十七万百十二、投票者数五十九万二千十四で七割六分九厘の投票率をみ、全国で十位を占めた。
 当選者は鈴木寿氏(社・現)で次点は長谷山行毅氏(自民・元)。


世界体操で団体優勝

 七月六日、チェコスロバキヤのプラハで行なわれた第十五回世界体操選手権大会第四日は、男子団体、個人総合後半の自由問題が行なわれ、男子団体で日本は前チャンピオンのソ連をくだし、世界選手権で初の優勝をかざった。
 なお個人総合では県出身の遠藤幸男選手が第二位に、小野喬選手は第四位に入賞した。


米で超高空核実験

 米国は七月八日午後十一時(日本時間九日午後六時)中部太平洋のジョンストン島からソアミサイルで強力な水爆装置を打ち上げ、三百二十乃至八百キロの超高空でこれを爆発させたこの超高空核実験のせん光は約千二百キロ離れたホノルルでも目撃された。


米テルスター律星域功

 米国がうちあげた新しい通信衛星「テルスター」は、七月十一日史上最初の、大西洋(五千キロ)横断テレビ映像の受信に成功した。 これは人工衛星が「中継局」としての役割りを果すことを実証したもので、二年後の東京オリンピックの全世界テレビ中継にも、明るい見通しがえられることになった。


仙南村で集団赤痢発生

 七月十五日から仙北郡仙南村に集団赤痢が発生、二十日現在で罹患者百六十名を越し、更に増加、二百名ぐらいになる見込み。原因は簡易水道の滅菌装置が壊れていたのを放置しておいたためとみられている。
 また被患家族の中で特効薬のクロマイを薬局から買い求めて服用している者があるが、この素人療法をやると一時的に菌は見えなくなるが、あとで耐性菌(その薬に強くなった菌)が急にふえる恐れがあるので、大曲保健所ではクロマイ服用の際は医師の指示に従うよう指導している。


町ぐるみで成人病退治

 南秋田郡飯田川町(淡路竜町長)では昨年から成人病追放に乗り出しているが、ことしも日本大学医学部から有賀教授を団長とする三十八人の検診団を招き、七月三十一日から二十四日間にわたり四十歳以上の町民の成人病集団検診を行なっている昨年は受診した町民三百八人のうち胃ガンニ人を含む多数の成人病患者を発見、手当ての結果、すでに手遅れの胃ガン一人を除いて現在までほとんどの人が全快、この事実が一そう町民の成人病に対する自覚を坪びおこし、ことしも行なうことになったもの。


米価、首相裁断で決定

 注目をあつめていた米の政府買い入れ価格(生産者米価)は七月十三日首相裁断によって百五十キロあたり一万二千百七十七円に決定した。これで生産者米価は昨年の米価一万千五十二円五十銭より千百二十四円五十銭の値上げとなったわけである。


内閣の顔ぶれ決まる


総理        池田勇人
法務        中垣国男
外務        大平正芳
大蔵        田中角栄
文部(留任)    荒木万寿夫
厚生        西村英一
農林        重政誠之
通産        福田一
運輸        綾部健太郎
郵政        手島栄
労働        大橋武夫
建設        河野一郎
自治        篠田弘作 (国家公安委員長)
国務        志賀健次郎 (防衛庁長官)
国務        宮沢喜一 (経済企画庁長官)
国務(留任)     川島正次郎 (行政管理庁長官・北海道開発庁長官・首都圏整備委員長)
国務         近藤鶴代 (科学技術庁長官・原子力委員長)
内閣官房長官    黒金 泰美
総理府総務長官  徳安実蔵
法制局長官(留任) 林修三