企画展「絞り染め技術の伝承ー秋田県立博物館の取り組みー」」

高崎市染料植物園では、秋田の伝統的な絞り染めを紹介する企画展を開催します。

「絞り染め技術の伝承ー秋田県立博物館の取り組みー」
2018年10月5日(金)~11月25日(日)
※会期中に展示替えをします(前期:10/5~28、後期:10/30~11/25)

【内容】
秋田県立博物館では、伝統的な絞り染め技術の保存・伝承をめざし、25年に渡り絞り染めの教室を開催してきました。
この展覧会では、技術を受け継ぐだけでなく、それを活かして現代の生活を豊かにしている秋田県立博物館の取り組みを紹介するとともに、当園所蔵の浅舞絞りや鹿角紫根染などの古い資料をあわせて展示します。

【会場・主催】高崎市染料植物園
群馬県高崎市寺尾町2302-11
TEL 027-328-6808
【開館時間】9:00~16:30(入館は16:00まで)
【休館日】10/9(火)、15(月)、22(月)、29(月)、11/5(月)、12(月)、19(月)
【入館料】一般200円(160円) 大高生150円(120円)
 ※( ) は20名以上の団体割引料金
 ◇絞り割引◇ 本展会期中に「絞り染め」の服やスカーフなどを身に付けて来館された方は、入館料が団体割引料金になります。

企画展「絞り染め技術の伝承ー秋田県立博物館の取り組みー」」
ホームページはこちら

コメントを送る(※Facebookの機能を利用します)