秋田でかぞくになる。愛するかぞくが増える。かぞくの幸せぞくぞく広がる。

かぞくKAZOKU+ZOKUZOKU

かぞくKAZOKU+ZOKUZOKU

子育て

パパの子育て はじめの一歩

パパの子育て はじめの一歩

01_img01.png

育児に積極的な男性が少しずつ増えてきましたが、パパの中には子育てに関わりたくても「どうやったらいいのか分からない」という方もいるのではないでしょうか。
そこで、パパサークルの協力のもと開催された家族参加型の体験イベントで、初心者パパたちと一緒に、パパがもっと子育てに関わるためのヒントを探してきました。

協力パパサークル

あきた木木遊び隊

パパと子どもが一緒に学んで遊べる活動を行うサークル。ママにフリーな時間を作ってあげることが目標です。   http://akimoku.exblog.jp/

あきたイクメンネットワーク

森や木とのふれあいをテーマに、木工体験や里山でのアウトドア活動などを行っているサークルです。   http://oyako-kizuna.com/

02_img02.png

訪れたのは、親子で箸づくりと流しそうめんを体験するイベント。

まずは、親子での箸づくりからスタートです。ナイフやヤスリを使う木工作業ですが、こうした道具を使う作業は多くのパパが得意とする分野。そのため、今回初めて参加した初心者パパも戸惑うことなく、子どもを上手にサポートしながら箸づくりを楽しめたようです。

続いては流しそうめんに挑戦。流し器の設置はパパたちの出番です。みんなで試行錯誤しながら完成させると、いよいよお食事タイム。いつもとは違う食事スタイルに喜ぶ子どもたちを見て、パパたちもうれしそう。持ち寄った薬味を食べ比べしながら、お互いの子どもの話で盛り上がりました。

02_img03.png

最後に行われたのが、初心者パパとサークルパパで子育てについて語り合うワークショップ。普段のリアルな子育て状況や仕事との両立方法などについて、さまざまな意見が交わされました。サークルパパからは、子育てのどのような面においてもママとの助け合いが大切といった声が多く、「ママと目線を合わせる」「行動する前にママに相談する」といった具体的なアドバイスもあがり、初心者パパたちは興味深そうに耳を傾けていました。

誰だって最初は子育て初心者です。「何をしたらいいのか分からない」と思うのは、当たり前なこと。その中で、どのパパも工夫をしたり、学んだりしながら、一歩一歩子育ての経験を積み重ねているようです。

パパが子育てに積極的になることは、子どもの成長はもちろん、家族の一体感や自身の向上につながること。はじめの一歩を踏み出したその先には、家族みんなの笑顔が広がるはずです。

パパサークルインタビュー  リーダーにお話を伺いました。

02_img04.png

あきたイクメンネットワーク 代表 本田 正博さん(4児のパパ)

子育てを本格的にするようになったのは、3番目が生まれて妻がにっちもさっちもいかなくなってから。子育てっておもしろいし、自分を成長させてくれるものだと感じています。例えば、子どもと一緒にいると何が起こるか分からない。だからいざという時のための危機管理能力や、マネジメント能力が養われるんです。ママには喜んでもらえますし、ほんと、メリットだらけなんですよね。

初めのうちは、パパが上手くできないことがあるかもしれません。でも、ママにはできれば3回まではガマンして(笑)、優しく見守ってほしいなと思います。そうすれば、パパもがんばってくれるハズですから。

初心者パパの感想
02_img05.png

妻に勧められて参加しましたが、とても参考になりました。娘と一緒にモノを作るのは初めてでしたが、娘が負けじとキレイに箸を作っていて面白かったです。頼れる父親になれるように、これまで以上に家族とのコミュニケーションをとっていきたいと思います。

02_img06.png

皆さん思っていたよりも"パパ"を楽しんでいると感じました。なかなか時間がとれない人も工夫してやっているんですね。普段は妻に頼まれたら家事を手伝う程度でしたが、これからはもっと協力してイクメンを目指したいです。すごく良い刺激になりました!

AKITA INFORMATION

秋田でイクメン Facebook

秋田で子育てするパパに向けてのFacebookページ。県内で開催されるパパ向けのイベントやパパサークルの活動に関する情報が集まります。 子育てに関する気づきやヒントなど、パパ同士の自由な意見交換の場として、ぜひ活用ください。

秋田でイクメンFacebook

秋田県あきた未来創造部 次世代・女性活躍支援課

秋田市山王四丁目1番1号 TEL:018-860-1553 FAX:018-860-3895 E-mail:persons@pref.akita.lg.jp