本文へスキップ

秋田県内の臨床研修病院の特徴

6.大館市立総合病院

病院の概要

 
◇開設年 : 昭和41年
◇開設者 : 大館市長
◇院長名 : 舘岡 博
◇病床数 : 一般375床、精神60床、結核6床、感染2床
◇標榜科 : 呼吸器内科、循環器内科、内科、血液内科、腫瘍内科、内分泌内科、代謝内科、神経内科、精神科、小児科、外科、呼吸器外科、
      整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科、歯科、
      歯科口腔外科、矯正歯科
◇研修医出身大学 : 弘前大学、秋田大学
◇指導医数 : 27名
◇外来患者数 : 964名/日(平成27年度)
◇入院患者数 : 312名/日(平成27年度)

病院の特徴

 
 当院は秋田県北部における地域の基幹中核病院として、二次医療を中心に幅広く市民・地域住民の要望に応えております。
当院の主な特徴は、
(1)総合病院として幅広い医療スタッフを配置し、ライナック、MRI高度医療を展開
(2)周産期医療、高度生殖医療、がん治療や人工透析の高度医療の実践
(3)糖尿病、小児ぜんそく、神経内科、不妊等、専門外来方式による専門治療
(4)災害拠点病院、エイズ治療拠点病院、地域がん診療連携拠点病院に指定
(5)『院内保育所』を設置し、医師、看護師、研修医などの女性が働きやすい職場環境を整備、子育てと臨床研修の両立も可能

研修内容

 
◇プログラムの目的と特徴
 二次医療機関として、多様で豊富な症例を経験できるため、研修には好条件を備えています。
 研修プログラム1年目は内科をはじめとした基礎的診療科系を研修し、2年目は将来専門としたい診療科を中心に、臨床研修の到達目標を達成できるよう配慮しながら、研修医の希望を尊重して科目選択や研修月数の調整を可能とし、後期研修にも繋がる内容で継続して研修できる柔軟性をもったプログラムとしています。指導方法は、マンツーマンを基本に、診療科によっては、複数の指導医による指導にあたるなど、きめ細かい指導体制をとっています。
 研修プログラムの大きな特徴のひとつは、救急研修の一環として「日本医科大学千葉北総病院」の救命救急センターでの研修が選択できます。また、平成28年度からは離島診療所での疾病バリエーションの経験及び対応能力形成のより、実践的プライマリ・ケアなどを学習すべく沖縄県立八重山病院と八重山病院離島診療所研修を追加しました。
 
【年間】
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科 救急 選択必修科
2年次 地域医療 選択科
 ※(注釈)救急は必修3ヶ月のうち、1年目に当院救急外来又は日本医科大学千葉北総病院救命救急センターの両方あるいはどちらか一方
     で合せて2ヵ月間研修し、残り1ヶ月相当分は日・当直に充てます。選択必修科は、外科・麻酔科・小児科・産婦人科・精神科
     の中から2科目以上を選択し、合計4ヶ月研修します。内科は循環器・呼吸器科、消化器科・血液内科、内分泌・代謝・神経内
     科、外科は一般外科と呼吸器外科です。
 
【週間】
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
2年次
外科の例
写真検討透視回診
エコー検査
手術
写真検討透視回診
エコー検査
カンファ
写真検討透視回診
エコー検査
手術
写真検討透視回診
エコー検査
手術
写真検討透視回診
エコー検査
カンファPOC
 
【当直】
 ○回数 : 4回/月程度
 ○担当医師 : 当直1名、日直内科系1名、外科系1名、放射線技師1名、臨床検査技師1名
 ○当直時間 : 通常8時30分~17時15分の後、当直業務17時15分~翌朝8時30分
 ○翌日勤務 : 原則として翌日は休日とする
【院内勉強会】 
 ○主な内容 : 救急検討会(毎週火曜日)、研修医の勉強会を毎月1回程度実施
         集談会(各科、大館・北秋田医師会合同による):年10回の開催
         CPCを年2回程度実施、各科の抄読会等を随時開催

後期研修

 
 2年間の初期臨床研修を終了した医師を対象に、より高度な知識・技能の習得と医師としての人間形成のため、後期臨床研修を実施しております。当院には、認定医、専門医を習得できる症例とそのための指導医がおり、充実した後期研修ができるものと考えております。また弘前大学と秋田大学の協力型病院であるため、必要な場合は大学病院の研修で更なる専門性を身につけることも可能です。
 平成21年11月には、当院と弘前大学医学研究科及び医学部附属病院の間で専門医養成病院ネットワークに関する協定を締結し、研修体制の整備を図っています。研修医の意思に沿った、出来る限りのサポートをしたいと考えております。

処遇

 
◇基本給 : 1年次 月額(税込)  500,000円、2年次 月額(税込)  516,000円
◇賞 与 : 1年次 年額(税込)  800,000円、2年次 年額(税込) 1,000,000円
◇手 当 : 急患診療等業務手当(時間外診療手当に相当)、救急診療待機手当(宿日直手当に相当)、通勤手当
◇出 張 : 学会、研究会等への参加…有(旅費支給有)
◇休 暇 : 有給休暇(1年次20日、2年次20日)、夏季休暇(4日)、年末年始、結婚休暇など
◇保 険 : 全国健康保険協会管掌健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、医師賠償責任保険(病院自体の加入有、個人は
       任意加入可)
◇宿 舎 : 無(マンション、アパート等を病院で借り上げ、病院で45%負担します)
◇健康診断 : 年2回(自己負担無)  

学会認定施設

 
【基本領域】
日本内科学会、日本小児科学会、日本精神神経学会、日本外科学会、日本整形外科学会、日本産科婦人科学会、日本泌尿器科学会、日本脳神経外科学会、日本麻酔科学会
 
【Subspecialtyの学会】
日本消化器病学会、日本糖尿病学会、日本腎臓学会、日本アレルギー学会、日本感染症学会、日本消化器外科学会、日本リウマチ学会
 
【その他】
日本臨床腫瘍学会、日本乳癌学会、日本がん治療認定医機構

協力病院・協力施設

 
日本医科大学千葉北総病院(千葉県)大館市立扇田病院東京医科大学八王子医療センター(東京都)秋田県赤十字血液センター清明会鳴海病院(青森県)、介護老人保健施設大館園、大館保健所

指導医からのメッセージ

 
 基本を大切にした医療技術を身につけ、病気を治すのみならず人を治し、活かすことができる医師を育成します。
 当院は秋田県北部の中核病院であるが、当地域の医療圏は広大である一方、医療施設は少ない。このような環境の中で、当院は24時間、全身麻酔の救急対応ができる唯一の施設である。従って、医師一人あたりの症例は多く、重症例も多い。
 本院の臨床研修プログラムの特徴は、この豊富な救急症例を余すことなく経験することで高度なプライマリーケア能力の獲得を主眼においている。各診療科ローテート中も月5回程度、救急外来、日当直勤務があり常に救急医療に接して研修を進めている。また、毎週、救急カンファレンスを開催し研修医の経験した症例を各専門医からの意見を交え検討する。その結果はすべての研修医にフィードバックされ研修医全体のスキルアップがはかられる。当院には弘前大学医学部や秋田大学医学部より多くの指導医が非常勤医師としており、最新の医学知識にも触れることができ、また研修後の進路も決定しやすい環境にある。

 研修医からのメッセージ

 
☆私は大館に生まれ、18年間を様々な方に支えられながら成長することができました。その恩を返すという意味でも、これからの大館の医療を支えられればと思いこの病院を志望しました。
 大館市立総合病院は1年目で内科を6カ月、救急2カ月、選択必修を4カ月と決まっていますが、2年目は地域勤務1カ月以外はすべて自分で選択するため、自分の進みたい診療科を極めるもよし、研修中でしか回れない科で学び自分の幅を広げるもよしと、自由な研修生活を送ることができます。
 先生方やスタッフの方々はとても優しく、壁をつくらず気さくに話しかけてくださり、分からないことがあればすぐに教えてくださる雰囲気がとても大好きで、秋田大学の地域実習や、昨年の5月と7月の病院見学でその雰囲気を感じ取り、この病院での研修の決意を固めました。
 現在は小児科を希望していますが、これからいろんな科を回って今まで気づかなかった面白さや、やり甲斐をみつけ、貪欲にいろんな知識を吸収して実りのある研修生活を送っていきたいと思います。
 
☆私は学生実習でお世話になった際に、職を越えて密なコミュニケーションがとられており、医師や看護師さん、コメディカルの方々、事務のみなさんが当院を本当に大切にし、さらに地域医療についてよく考えていると感じ、素敵な病院だと思いました。質の高い医療とチーム医療で地域の方々に信頼される病院作りが行われている当院で、ぜひ研修させていただきたいと考え、志望させていただきました。加えて、廊下ですれ違う時の挨拶が本当に心地よく、心が癒されたのを覚えています。3月に弘前大学を卒業し、職員の一人として当院に通うようになった毎日をとても嬉しく思います。
 さて研修における抱負として、「幅広い症例を診察し、実践力を身に付けたい」と考えております。さらに、救急外来で対応した後の治療に関して、専門科の医師がどのように診断して治療を進めていくのか、その思考の過程を学びたいです。始めは不安でいっぱいでしたが、信頼できる先輩方に出会うことができ、たくさんのアドバイスをいただくことが出来る環境にあることも分かり、2年間の研修が楽しみになりました。日々積極的に学び、着実にレベルアップできるよう、努めてまいりたいと思います。
 数カ月研修して、たくさんの方々の優しさ、温かさに触れました。お忙しい中、看護師さん、技師さんが時間を割いて丁寧に教えてくださる優しさに感謝し、その思いを忘れず、応えられるよう頑張りたいと思います。

募集要項

 
◇募集定員 : 8名
◇応募資格 : 平成30年医師国家試験受験予定者
◇申込締切 : 1次募集は、平成29年9月中旬
◇試験日 : 随時
◇試験内容 : 面接、書類選考
◇病院見学 : 随時受入可(下記への事前連絡必要)

病院見学情報

 
◇担当からのメッセージ
 ○研修医との情報交換・交流、医局内での交流、指導の先生の日程が合えば親睦会があるかも。
 ○医局は総合医局で、多くの科の医師と話ができます。
◇申込方法 : メール、電話
◇申込期限 : 7日前
◇そ の 他  : 平日いつでも受入可、旅費補助あり、受入最長3日まで

応募連絡先

 
◇所在地 : 〒017-8550 秋田県大館市豊町3番1号
◇担当者 : 総務課 課長補佐 大森篤志
◇電 話 : 0186-42-5370
◇F A X  : 0186-42-2055
◇E-mail : soumu@odate-hp.odate.akita.jp
◇U R L  : http://www.odate-hp.odate.akita.jp