本文へスキップ

秋田県内の臨床研修病院の特徴

8.由利組合総合病院

病院の概要

 
◇開設年 : 昭和8年
◇開設者 : 秋田県厚生農業協同組合連合会
◇院長名 : 佐藤 一成
◇病床数 : 一般602床(うち107床休床)、感染4床
◇標榜科 : 内科、精神科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、糖尿病・代謝内科、循環器内科、小児科、外科、整形外科、脳神経
       外科、呼吸器外科、心臓血管外科、小児外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、
       放射線科、麻酔科、病理診断科、歯科口腔外科
◇研修医出身大学 : 秋田大学、熊本大学、聖マリアンナ医科大学
◇指導医数 : 40名
◇外来患者数 : 1,131名/日(平成27年度)
◇入院患者数 : 434名/日(平成27年度)

病院の特徴

 
 当院は、秋田県南西部、日本海に面し鳥海山の麓に広がる由利本荘・にかほ二次医療圏(人口約11万人)において、救急から急性期医療、周産期医療、小児医療、在宅医療、へき地医療等、さまざまな医療分野を手厚くカバーしている地域の中核的な総合病院です。他の医療機関や福祉施設等との連携を密にしながら、救急・急性期・在宅と一貫した地域医療の提供を図っています。また、住民検診、事業所健診などの保健予防活動にも力を入れており、地域住民の“いのちと健康”を守るため尽力しています。当院の臨床研修指定病院としての歴史は古く(昭和56年指定)、平成16年の臨床研修必修化以前から秋田大学や東北大学の卒業生を中心に、数多くの研修医を受け入れてきました。

研修内容

 
◇プログラムの目的と特徴
 当院の初期臨床研修プログラムは、研修医と何度も面談しながら出来るだけ本人の要望を取り入れ、柔軟かつ自由選択性の高いプログラムにしています。主として1年目に内科、救急、選択必修、地域医療などの基本科を、2年目に放射線科や精神科、希望選択科をローテートする場合が多いですが、希望診療科を長く研修することも多科をスーパーローテートすることも可能な自由度の高いプログラムとなっています。
 また、当院は日本内科学会教育病院、日本外科学会修練施設等、各診療科領域における研修認定施設でもあるため、最短で内科認定医や総合内科専門医、外科専門医等の受験資格に繋がります。当院の初期研修は、プライマリ・ケアおよび総合診療的な実力の修得はもとより、専門・後期にも繋がる臨床研修が可能となっています。
 医療の実戦の場で、ベテランの指導医や上級医がしっかりバックアップし、必要な経験を積ませながら、研修医を一人前の医師に育て上げる。“医師力を磨く”それが当院の初期臨床研修のモットーです。
 
【年間】
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科 救急 自由選択 選択必修
2年次 地域医療 自由選択(専門科研修)
※研修診療科のローテート順は、研修医の意見や希望を充分に踏まえプログラム責任者と相談の上決定します。
 定期的にプログラム責任者と相談する機会を設け、研修の状況や目標達成の度合いに応じて柔軟にプログラムを調整します。
 内科は、当院または協力病院にて、内科、呼吸内器科、循環器内科、消化器内科をセミローテートします。
 救急研修は、1年目の救急1ヶ月と1、2年目の当直研修を合わせて3ヶ月とします。
 地域医療研修は、当院にて1ヶ月相当の診療所研修、または協力病院で1ヶ月研修を行います。
 選択必修は、外科・小児科・産婦人科・麻酔科・精神科から2科を選択し、当院または協力病院で研修を行います。(基本的に1科1ヶ月)
 自由選択(専門科研修)は、当院または協力病院・協力施設にて行います。
 臨床病理検討会(CPC)は当院にて行います。
 
【当直】
 ○回数 : 3~4回/月 ※研修医2年目
 ○担当医師等 : 医師2名(AB当直体制)、看護師3名、放射線技師1名、検査技師1名 他
 ○当直時間 : A当直17:00~22:00(~翌朝8:30までは院内待機)、B当直22:00~翌朝8:30(17:00~22:00までは院内待機)
  ※研修医はB当直に入り、A当直の指導医・上級医と共に診療にあたる(症例に応じて各科当番医へコンサルト)
 ○翌日勤務 : 当直日翌日は診療業務の都合がつき次第当直明け
 
【院内勉強会】 
 ○主な内容 : CPC(月1回)、医局カンファランス(月1回)、研修医カンファランス(月1回)、研修医症例検討会(3ヶ月に1回程度)、
        研修医抄読会(2ヶ月に1回程度)、その他各診療科の勉強会への参加あり
        医療安全院内研修会、院内感染対策研修会、由利本荘地域緩和ケア研修会、救急オリエン
        テーション、インフルエンザセミナー等、各種院内研修会に参加
        英会話レッスン(週1回:希望者のみ)

後期研修

 
 2年間の初期臨床研修修了後、専門分野のより高度な知識・技術の修得、専門医資格の取得を目的に、後期臨床研修を実施しています。各診療科にわたり新専門医制度に向けた症例と指導を準備しております。新専門医制度に向けた各科後期研修が可能な診療科についてはお問い合わせください。

処遇

 
◇基本給 : 1年次 月額(税込)  499,800円、2年次 月額(税込)  531,400円
◇賞 与 : 1年次 年額(税込)  758,981円、2年次 年額(税込) 1,250,400円
◇手 当 : 通勤手当、住宅手当、家族手当、当直手当、医師救急勤務手当、医師緊急呼出勤務手当、年末年始手当 等各種手当あり
◇出 張 : 学会、研究会等への参加有(旅費・参加費支給有)
◇休 暇 : 有給休暇(1年目10日、2年目20日)、夏季休暇(1.5日)、お盆休暇(8/13午後~8/14)、年末年始休暇(12/30~1/3)、
       その他特別休暇(結婚休暇、忌引休暇等)
◇保 険 : 健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険、医師賠償責任保険(病院で加入、個人でも任意加入可)
◇宿 舎 : 病院借上アパートあり 家賃自己負担なし(光熱水費は自己負担)、築10年、1DK(13畳)、キッチン・バス・トイレ・
       エアコン完備、駐車場あり(無料)、病院まで約700m、徒歩10分程度、近くにスーパー・コンビニあり
◇健康診断 : 年2回(自己負担無)  

学会認定施設

 
【基本領域】
日本内科学会、日本小児科学会、日本外科学会、日本整形外科学会、日本産科婦人科学会、日本耳鼻咽喉科学会、日本泌尿器科学会、日本脳神経外科学会、日本麻酔科学会、日本病理学会
 
【Subspecialtyの学会】
日本消化器病学会、日本循環器学会、日本呼吸器外科学会、日本胸部外科学会、日本周産期・新生児医学会
 
【その他】
日本消化器内視鏡学会、日本透析医学会、日本ペインクリニック学会、日本臨床細胞学会、日本がん治療認定医機構、日本呼吸器内視鏡学会、日本静脈経腸栄養学会

協力病院・協力施設

 
秋田大学医学部附属病院横手興生病院秋田県立リハビリテーション・精神医療センターかづの厚生病院湖東厚生病院能代厚生医療センター平鹿総合病院本荘第一病院市立横手病院北秋田市民病院秋田厚生医療センター大曲厚生医療センター雄勝中央病院、由利本荘保健所、老健施設ひまわりの里、国立病院機構あきた病院秋田県赤十字血液センター

指導医からのメッセージ

 
 当院での初期研修目標はプライマリ・ケア能力の取得です。1年目研修のはじめには、診断と共に輸液、抗生剤、基本的手技のオーダーと経験が出来るように配慮しています。同じ目的で、研修医勉強会や救急カンファランスなどがほぼ毎週あります。地域の病院としては産婦人科と小児科のスタッフが充実しており、産婦人科は年間分娩約440件、手術約220件ある中で偏りなく研修でき、小児科は入院数年約1,000名と多く、外来専門クリニックも充実しています。外科は年間手術約500件で緊急も多く、各領域にわたり症例豊富です。外科希望研修医は2年目に1人あたり平均約40例を執刀でき、かなりの経験と考えます。東北地方で不足している常勤麻酔科医は当院に4名おり、麻酔科ローテートは研修医から人気があります。消化器内科は日本大学から2名の専門医派遣を得て、各診療科協力のもと研修やコンサルトの不利はなくなっています。一方で呼吸器内科常勤医が不在となりますが、肺癌は外科、老人の肺炎は各科が協力して診療します。CPCは病理常勤医2名の指導のもと毎月行っており、研修科目としても選択されています。当直は1年目の見学介助と救急研修を経て、2年目からスタッフ医師と実際に当直診療します。
 病院は鳥海山・子吉川・日本海と共にあり、気持ちよい眺望が私たちを励ましてくれます。どうぞ見学に、そしてご自分の希望に叶えば研修にいらして下さい。

 研修医からのメッセージ

 
☆当院の研修の特徴は上級医、同期との距離が近いことです。常勤医が少ない分、上級医に患者さんのことで相談することが多く、自分の意見で治療方針が決定することもあります。そのため、より多くの知識・経験が必要であり、「さらに勉強しなければ」というモチベーションが生まれます。また、研修医だけの医局があるため、上級医に相談しにくいこと、日常業務で失敗したことを包み隠さず話せる雰囲気があり、お互いに切磋琢磨し勉強に励むことができます。研修医は少ないですが、このような恵まれた環境で一人一人責任感を持って日々頑張っています。
 
☆当院の魅力の一つは、自由度の高さです。研修プログラムにおいて自由度が高いからこそ、能動的、積極的に研修に取り組み、一人一人の患者さんに対しても真剣に、責任感を持って対応する姿勢が自然と身に付いている様に感じます。また指導医の先生はじめ、スタッフの方々が優しく、熱心に教えて下さり、アットホームな環境で日々勉強出来るのも魅力の一つだと思います。是非一度病院見学に来て、肌で感じて頂きたいです。

募集要項

 
◇募集定員 : 9名
◇応募資格 : 平成30年医師国家試験受験予定者
◇申込締切 : 平成29年7月末日
◇試験日 : 平成29年8月に3回
◇試験内容 : 面接のみ
◇病院見学 : 随時受入可(下記担当者への事前連絡必要) ※詳しくは当院のホームページをご覧下さい!

病院見学情報

 
◇担当からのメッセージ
 ○どの診療科の先生方もみんな親切で指導に熱心です。まずは見学希望の診療科をご相談ください。
 ○見学に来ていただいた皆さんに余計なストレスがかからないようスタッフがサポートします。気軽な気持ちで見学にいらしてくだ
  さい。いつでもウェルカムです!
◇申込方法 : メール、電話
◇申込期限 : 7日前
◇そ の 他  : 随時対応、旅費補助あり

応募連絡先

 
◇所在地 : 〒015-8511 秋田県由利本荘市川口字家後38
◇担当者 : 総務管理課 佐藤隼
◇電 話 : 0184-27-1200
◇F A X  : 0184-27-1277
◇E-mail : jimusitu@yuri-hospital.honjo.akita.jp
◇U R L  : http://www.yuri-hospital.honjo.akita.jp