本文へスキップ

秋田県内の臨床研修病院の特徴

14.雄勝中央病院

病院の概要

 
◇開設年 : 昭和8年
◇開設者 : 秋田県厚生農業協同組合連合会
◇院長名 : 天満 和男
◇病床数 : 一般376床、感染症4床
◇標榜科 :内科、呼吸器科、循環器科、消化器科、小児科、外科、産婦人科、脳神経外科、整形外科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、麻酔科、病理、眼科、皮膚科、神経内科、心臓血管外科、リハビリテーション科、歯科口腔外科
◇指導医数 : 19名
◇外来患者数 : 661名/日(平成28年度)
◇入院患者数 : 227名/日(平成28年度)

病院の特徴

 
 当院は、秋田県内陸南部の広い地域、湯沢市雄勝郡(およそ6万2千人)の地域中核医療施設として地域医療を支えております。救急指定病院として小児から高齢者までのプライマイリーケアから二次救急まで幅広い疾患に対応しています。また、災害拠点病院として災害医療の機能充実を図っています。一般診療では生活習慣病、慢性疾患はもとより、手術、化学療法から緩和ケアまでのがん治療、周産期医療、小児医療、40床の透析センターでの人工透析など地域の二次医療を担っております。脳卒中、外傷も多く初期診療、手術その他の治療を行い、リハビリテーションセンターで機能回復を支援するという一連の診療を行っております。さらに、院内に訪問看護ステーションがあり、地域の医療機関と連携し在宅医療にも力を入れています。各種検診など保健予防活動も積極的に行っており、地域に密着した医療を行っております。
 病院は平成17年8月に湯沢市郊外の小高い丘の上に新築移転しました。各階中央にあるデイルームは湯沢市を一望でき、四季おりおりの素晴らしい景色を見ることができます。その眺めは、病気療養する方々はもちろんのこと、そこで働く我々の心を和ませてくれます。
 

研修内容

 
◇プログラムの目的と特徴
 日常的な臨床の経験に伴い、基本的な診療能力の習得と医師としての人間形成に寄与することを目的とし、地域医療の重要や保健医療による患者や住民への配慮などを含めたチーム医療の重要性の確認や、救急時の初期対応や判断能力の向上が達成できるようなプログラムとしております。
 
【年間】
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科   救急    選択必修 自由選択  
2年次 地域医療 自由選択
※診療科等の研修順序は、研修医により異なります。
※地域医療は倶知安厚生病院・岩手県立宮古病院・岩手県立山田病院および自由選択も含め、秋田県厚生連の病院で研修。
 (秋田県厚生連の病院) かづの厚生病院・北秋田市民病院・能代厚生医療センター・湖東厚生病院・秋田厚生医療センター・由利組合総合病院・大曲厚生医療センター・平鹿総合病院
※精神科研修は、佐藤病院(湯沢市)、横手厚生病院(横手市)で研修。
 
【当直】
 ○回数 : 3~4回/月
 ○担当医師等 : 医師1名、看護師3名、放射線技師1名、検査技師1名
 ○当直時間 : 通常業務8時30分~17時の後、17時~8時30分に当直業務
 ○翌日勤務 : 当直明け休み
 
【院内勉強会】 
○主な内容
 医局抄読会(毎月第2、第4水曜日)、研修医症例検討会、院内職員研修会、クリニカルパス、ICLS講習会、医療安全対策研修会、緩和ケア研修会、ISLS/PSLS、JPTEC、CPC

後期研修

 
 初期研修終了後、希望する専門分野においてより高度な知識・技術の習得を目的に後期臨床研修が可能です。

処遇

 
◇基本給 : 1年次 月額(税込)  499,800円、2年次 月額(税込)  531,400円
◇賞 与 : 1年次 年額(税込)  754,834円、2年次 年額(税込) 1,250,400円
◇手 当 : 時間外手当、当直手当、通勤手当、住宅手当、家族手当、年末年始手当等各種手当あり
◇出 張 : 学会、研究会等への参加有(旅費支給有)
◇休 暇 : 有給休暇(1年目10日、2年目20日)、夏期休暇(1.5日)、年末年始休暇(12月30日~1月3日)
◇保 険 : 健康保険、厚生年金、労災保険、雇用保険、医師賠償責任保険(病院自体の加入有、個人は任意加入など)
◇宿 舎 : 有(アパートなど準備し、50,000まで病院で負担します)
◇健康診断 : 年2回(自己負担無)  

協力病院・協力施設

 
佐藤病院、湖東厚生病院能代厚生医療センター秋田厚生医療センター由利組合総合病院横手興生病院北秋田市民病院かづの厚生病院大曲厚生医療センター平鹿総合病院秋田大学医学部附属病院倶知安厚生病院(北海道)岩手県立宮古病院(岩手県)秋田県赤十字血液センター、菅医院、岩手県立山田病院(岩手県)

指導医からのメッセージ

 
 湯沢市は秋田県の最南端の地。穏やかな土地柄で、小野小町いや佐々木希さん、壇蜜さんのような女性があちらこちらで見かけられる秋田美人の街、お酒が美味しい街です。一方で、人口減少、高齢化、医師不足の最先端の街でもあります。当院は中規模ながら地域の中核病院で、医師不足に悩まされながらも、各科のドクターは個性的であり、かつ仲がよく職場環境はアットホーム。地域医療に突きつけられた(良くも悪くも)現実を実感しつつ、一方では地域医療の奥深さを学ぶ事ができます。日常診療では、人間の有り様を目の当たりにできる事柄が満載で、非常にドキドキさせられます。ぜひ当院での研修をご検討くださいませ。地域の患者さんと一緒に医療を考えてみませんか。

研修医からのメッセージ

 
 当院のある湯沢市は高齢化の進んでいる秋田県の中でも特に高齢化の進んでいる地域です。
 患者さんもお年寄りが非常に多いです。お年寄りは様々な理由で病院を訪れます。
 具合の悪い原因は一つとは限りません。答えが出ないこともしばしばです。しかしそれを自分なりに考えながら治療に当たることの大事さ、難しさ、そしておもしろさに気付くことが当院での研修で出来ます。
 私も当院での研修を終え、そのまま勤務させていただいていますが、そんな高齢化医療、当院の環境に魅了された一人です。
 確かに病院規模に対して医師数や診療科が少なく、困ってしまうことも少なくはありません。しかしそれを出来る範囲で対応しなくてはならない地域医療に必要なことは学べると思います。
 地域でまったりと研修したい、と考えているあなた。当院での研修はいかがでしょうか?

募集要項

 
◇募集定員 : 5名
◇応募資格 : 平成31年医師国家試験受験予定者
◇申込締切 : マッチング日程による
◇試験日 : 随時受入可(下記への事前連絡必要)
◇試験内容 : 面接
◇病院見学 : 随時受入可(下記への事前連絡必要)

病院見学情報

 
◇担当からのメッセージ
 ○見学科は、希望を伺い相談に応じます(各科対応可)。
 ○夜は地元のお酒を堪能してください。
◇申込方法 : メール、FAX、電話
◇申込期限 : 7日前
◇そ の 他  : 随時対応、旅費補助あり

応募連絡先

 
◇所在地 : 〒012-0055 秋田県湯沢市山田字勇ヶ丘25
◇担当者 : 総務管理課 牧 康宏
◇電 話 : 0183-73-5000
◇F A X  : 0183-73-3,49
◇E-mail : ogachi-1@lily.ocn.ne.jp
◇U R L  : http://www.ogachi-hsp.jp