本文へスキップ

秋田県の臨床研修協議会

平成30年度 指導医講習会

第15回 秋田県臨床研修協議会 医師臨臨床研修指導医ワークショップ

1 開催期間 平成30年7月6日(金)~7月7日(土)
2 開催地 ホテル サンルーラル大潟
〒010-0441 秋田県大潟村北1-3
3 講師等 講師等
「医師臨床研修指導医ワークショップ講師等一覧」のとおり
4 プログラム  プログラム
「医師臨床研修指導医ワークショップ進行表」のとおり
5 参加者 医師27名、看護師5名、事務職員3名 

医師臨床研修指導医ワークショップ講師等一覧

担当 所属 氏名
講習会主催責任者
(ディレクター)
秋田県臨床研修協議会長(秋田県健康福祉部長) 保坂 学
講習会企画責任者
(チーフタスクフォース)
秋田厚生医療センター副院長
秋田県総合診療・家庭医研修センター長
齊藤 崇
講習会世話人
(タスクフォース)
 
秋田大学大学院医学系研究科 医学教育学講座教授
長谷川 仁志
秋田大学大学院医学系研究科 講師
奥山 学
秋田赤十字病院呼吸器外科部長
河合 秀樹
秋田赤十字病院救急科部長 中畑 潤一
中通総合病院胸部外科診療部長 橋本 正治
中通総合病院集中治療部部長 阪本 亮平
秋田厚生医療センター診療部長 畑澤 千秋
大館市立総合病院小児科部長・救急室長 丹代 諭
能代厚生医療センター診療部長 波多野 善明
由利組合総合病院診療部長 西成 民夫
本荘第一病院診療部長 柴田 聡
市立横手病院外科総括科長 伊勢 憲人
平鹿総合病院診療部長 伏見 悦子
雄勝中央病院診療部長 大塚 聡郎
外部講師
国立国際医療研究センター医療教育部門 医療教育室長
村岡 亮
中京大学法科大学院教授 稲葉 一人
宮崎大学医学部地域医療・総合診療医学講座教授 吉村 学

 (敬称略)

医師臨床研修指導医ワークショップ プログラム

○第1日目:平成30年7月6日(金)9:00~21:00
番号 事項(テーマ) 担当/TF
開会にあたって CTF/齊藤崇
TF紹介及び諸注意
(1) アイスブレーキング(他己紹介) TF/畑沢千秋
(2)

講演:医師臨床研修制度と専門医制度について

<医師臨床研修制度の理念と概要>

国立国際医療研究センター
医療教育部門
医療教育室長 村岡亮
(3)

WorkShop1:ワークショップのあり方

<ワークショップとは何か・ワークショップの進め方と基本的スキル>

TF/大塚聡郎
(コーヒーブレイク)
(4)

ランチョンセミナー:医学教育の新しい流れ-新専門医制度に向けて

TF/長谷川仁志
(5)

WorkShop2:医療安全について考える

<医療事故後の法的手続き・医療コミュニケーションとメディエイターの役割>

中京大学法科大学院
教授 稲葉一人
(コーヒーブレイク)
(6)

WorkShop3:研修プログラムの立案(研修目標・方略・評価計画作成)

(テーマ)多職種協働について考えよう
 
<地域医療における連携の組織化>
宮崎大学医学部
地域医療・総合診療医学講座
教授 吉村学
(7)

WorkShop4:研修プログラムの立案(研修目標・方略・評価計画作成)

(テーマ)地域医療研修

<地域医療研修の目的と具体的な進め方>

宮崎大学医学部
地域医療・総合診療医学講座
教授 吉村学
(コーヒーブレイク)
(8)

WorkShop5:研修プログラムの立案(研修評価計画作成)

<「評価」のフィードバックはどうあるべきか>

宮崎大学医学部
地域医療・総合診療医学講座
教授 吉村学
(9)

WorkShop6:研修のためのシステム作り

<研修セミナーの企画・カンファランスの運営>

TF/丹代諭・阪本亮平
 (休憩)
  フリーディスカッション TF/柴田聡・伊勢憲人

○第2日目:平成30年7月7日(土)8:30~17:00

番号 事項(テーマ) 担当/TF
(10)

WorkShop7:研修プログラムの立案(研修目標・方略・評価計画作成)

(テーマ)コミュニケーションスキルについて考える
 
<医師-患者関係構築、医療面接等をいかに指導するか>
 
TF/長谷川仁志
(コーヒーブレーク)
(11)

WorkShop8:研修プログラムの立案(研修目標・方略・評価計画作成)

(テーマ)手技的スキルをいかに安全に研修させるか

<安全のための方略と評価システム・実地演習>

TF/橋本正治・柴田聡・河合秀樹
(コーヒーブレーク)
(12)

ランチョンセミナー:プロフェッショナリズムについて考える

<医療人としてのプロフェッショナリズムとは?・現場事例から学ぶプロフェッショナリズム>

TF/齊藤崇

(13) WorkShop9:研修プログラムの立案(研修評価計画作成)

<コーチング・「困った研修医」についてどう対処するか?>

TF/西成民夫・波多野善明
(コーヒーブレーク)
(14)

WorkShop10:研修プログラムの立案(研修目標・方略作成)

(テーマ)救急研修
 
TF/奥山学 
(15)

WorkShop11:「働き方ビジョンとキャリアデザイン」

<働き方ビジョン/チーム医療体制の構築・女性医師とキャリアデザイン支援>

TF/齊藤崇・伏見悦子
(16) 講習会の振り返り<講演会総合評価・アンケート記入回収> CTF/齊藤崇
修了証授与

(敬称略)

 

ワークショップの様子