本文へスキップ

ブログ

  • Home
  • ブログ
  • あきたの地域医療通信(24号)を発行しました!

あきたの地域医療通信(24号)を発行しました!

2016年03月18日

 関東では、桜の開花間近というニュースがありましたが、秋田では朝夕まだまだ冷え込む今日この頃です。ご無沙汰しております。秋田県医師確保対策室です。


 当室が年3回発行しております情報紙「あきたの地域医療通信(24号)」が発行となりました。

 今年度最終号となる今回は、自治医科大学を卒業後、町立大森病院での地域医療従事を経て、現在、秋田大学医学部附属病院肝疾患相談センター長として、県内の肝疾患患者のために尽力されている後藤隆先生にご自身の地域医療の経験や肝疾患の現状についてお話を伺いました。地域医療を目指す医学生や若手医師には、是非、読んで欲しい内容となっています。
 また、医療関係者が全国初のイクボス宣言を行った「イクボスセミナー」の報告や県が行っている地域医療に従事しようとする医学生、大学院生及び研修医の修学資金・研修資金の情報も掲載していますので、是非ご覧下さい。 
 

     後藤先生             イクボスセミナー                   秋田大学     後藤 隆  医師           H28.1.9 イクボスセミナー(秋田県医師会主催)   

         
あきたの地域医療通信(24号)
                        

「あきた医療情報通信」のバックナンバーはこちらから