本文へスキップ

秋田県の医師支援策

修学資金・研修資金

  秋田県では、将来、県内の公的医療機関等において医師として地域医療に従事しようとする医学生、大学院生及び研修医に対し、修学・研修資金を貸与しています。

制度の概要

項目/区分 医学生修学資金
【地域枠】
医学生修学資金
【市町村振興枠】
医学生修学資金  
【元気枠】
大学院生修学資金 研修医研修資金
貸与対象者 秋田大学医学部地域枠合格者 医学生
※公立私立、学年、出身地は問わず         ※低学年を優先採用
秋田大学医学部2~4年で、熱意、成績、経済的な観点から大学の推薦を受けた者(2年生は学士編入者のみ) 大学院生
※公立私立、学年、出身地は問わず
・臨床研修医
・専門研修医
貸与額 ・月額15万円(自宅通学者は10万円)
・入学料相当額282,000円
(1年生に限る)
・月額15万円(自宅通学者は10万円)
・入学料相当額282,000円
(1年生に限る)
月額20万円

・月額30万円
・入学料相当額
282,000円
(1年生に限る)

月額20万円
貸与期間 大学卒業まで(最長6年間) 大学卒業まで
(最長5年間)
大学院修了まで
(最長4年間)
研修修了まで(臨床研修は最長2年間、専門研修は最長3年間)
返還免除要件(1)
勤務先
・大学卒業後、1年6月以内に医師免許を取得し、その後直ちに、県内の公的医療機関等に勤務
・返還免除要件となる勤務期間のうちの半分を、知事が指定する公的医療機関等に勤務(平成20年度貸与開始分から)
・市町村振興枠の知事指定勤務先は、自治体病院・診療所が優先(ただし診療所の勤務にあっては1年を限度とする)
大学院又は研修修了後、直ちに知事が指定する公的医療機関等に勤務
返還免除要件(2)
診療科
限定なし 知事が別に定める診療科(産婦人科、小児科、麻酔科、精神科、外科、循環器内科、消化器内科)
専門研修医研修資金のみ上記診療科及び総合診療科
返還免除要件(3)
勤務期間
貸与期間の1.5倍の期間 貸与期間と同じ期間
返還 (1)~(3)の返還要件を満たさない場合、貸与額に年10%の利息を付した額を、1年以内に月賦又は半年賦で返還

◇医学生修学資金【地域枠】について
  秋田大学医学部地域枠合格者全員に対し、県が6年間修学資金を貸与するものです。
   制度の内容はこちら → 
 H29修学資金のしおり<地域枠>

平成29年度の修学資金の募集について

医学生修学資金(市町村振興奨学金) 

公益財団法人 秋田県市町村振興協会の助成を受けて貸与される修学資金です。

  • 返還免除要件である、知事が指定する県内の公的医療機関等については、自治体立の病院・診療所が優先されます。ただし、診療所の勤務にあっては、1年間を限度とします。
募集人員
10名 
募集期間
平成29年4月3日(月)~4月25日(火)                         

募集要項・申請書類

募集要項、しおりをよく読み、募集期間内に申請書類を提出してください。

大学院生修学資金 ※診療科限定 

募集人員
3人
募集期間
平成29年4月3日(月)~4月25日(火)

募集要項・申請書類

 募集要項、しおりをよく読み、募集期間内に申請書類を提出してください。

研修医研修資金 ※診療科限定 

募集人員
5人
募集期間
平成29年4月3日(月)から4月25日(火)

申請書類

(臨床研修医)

(専門研修医)

※臨床研修医、専門研修医で申請様式が異なります。
 

修学資金制度に関するお問い合わせ

お問い合わせ先:秋田県医師確保対策室修学資金担当  電話 018-860-1410
 

修学生へのサポート体制

 県が秋田大学内に設置した「あきた医師総合支援センター」では、専任の医師と職員が修学資金に関する様々な疑問・質問にお答えします。また、卒業後のキャリア形成に関する相談対応や各種セミナー情報の提供など修学生に対して幅広くサポートしています。
 詳しくは、あきた医師総合センターのHPをご覧ください。
 

秋田県内の医師修学資金等制度

 実施主体が秋田県以外の修学資金等制度の紹介です。申請時期を確認のうえ、ご活用ください。