本文へスキップ

秋田で医療を始める先輩たち

伏見 悦子 先生(循環器内科)

平鹿の元気な研修医とともに

 

伏見悦子先生

平鹿総合病院 循環器内科 伏見 悦子 先生

平鹿総合病院のプログラム責任者をしております伏見です。秋田大学卒で専門は循環器内科です。プロ責になって3年が過ぎようとしています。  
たくさんの研修医と関わって来て、自分の研修医のころを思い出したりします。もちろん直接入局の時代ですが、いざ患者さんを前にして、国試の勉強や講義で習ったことではどうしていいかわからず、たくさん本を読みましたし、先輩にも習いました。時には他科の先生にも藁をもすがる気持ちで聞きまくったりしました。そうしながらたくさん経験を積んで、診断治療の力だけでなく、リスクを察知する能力や患者さんとご家族との心の通わせ方を身につけたりしました。毎日出来る事が増え、苦しい事ももちろんありましたが、充実した日々でした。
 だから当院の研修医には、まずは自分で考えられるように配慮しています。今患者さんにとって何が一番問題なのか、どう判断してどう手を打っていったらいいか、頭がぐるぐるするくらい考えます。本も読みます。そしてたくさんの指導医に聞きます。そんな経験をして研修医は見事に成長を遂げます。そのバックアップのために私は目を光らせています。 
医者は楽な仕事ではありません。時には途方にくれ、後悔し、無力感におそわれることもあります。でもそれ以上に喜びが多い仕事です。だからやめられないのです。平鹿の元気な研修医とともに仕事が出来る事に感謝して、今日もまた出勤します。さて今日はどんなことが待っているでしょうかね。
  
平成27年1月