本文へスキップ

秋田で医療を始める先輩たち

道下 吉広 先生(血液・腎臓内科)

診療科の垣根を越えた研修

 

山本 道下先生

山本組合総合病院 血液・腎臓内科 道下 吉広 先生

 みなさんこんにちは。山本組合総合病院の道下吉広です。
 当院は世界遺産である白神山地や日本海など、自然豊かな能代市にあります。自分自身も釣りが趣味で、休みの日にはよく船で釣りをしています。
 当院の研修の特色としては、診療科の垣根を越えた研修があります。例えば、中心静脈カテーテル挿入や腰椎穿刺など、症例がある場合には他科研修中の場合でも気軽に声をかけて、指導医の指導のもと、積極的に研修医に手技を行ってもらうようにしています。
 教科書での勉強はいつでもできますが、実際の症例経験はその時でしかできません。そのため当院ではできるだけ貴重な症例には研修医に経験してもらうようにしています。当院でこのような取組ができるのは、各診療科間の連携が非常にうまくとれているからです。
 もちろん、医療のみならず、能代ならではのバスケや野球、サッカー、テニス、釣り、ゴルフなどのオフ活動も活発です。全職員をあげて、皆さんの研修をバックアップ致しますので、まずは気軽に見学に来て下さい。

平成26年3月