本文へスキップ

秋田で医療を始める先輩たち

杉村 祐介 先生(整形外科)

先輩医師

 

杉村医師

秋田大学医学部附属病院 整形外科  杉村 祐介 先生

 こんにちは。私は今年で医師5年目です。私は岩手県出身で、大学から秋田県に来ました。初期臨床研修は秋田赤十字病院でお世話になり、研修後、秋田大学整形外科に入局しました。
 卒業後も秋田県で研修した理由は、県内には学生時代から交流も深い先輩医師が多くいたことです。自分は学生時代あまり先輩医師とは交流がなかったと思っている人も、実は学生実習で1日だけお世話になったときの先生だ!など働いてからでも意外に多いものです。様々な意見があるとは思いますが、やはり学生時代からの繋がりというものは、実際に医師として働くようになってからかなり重要なポイントになります。研修医のメリットとしては、1つの科の研修期間は短いので、「まずは人間関係の構築から…」などという手間は省けます。相談しやすい環境なので研修の効率も上がります。最近は後輩医師も増え、様々な科にいるので、緊急時に電話でちょっと相談なんてこともあります。

 今回は県内大学出身者としての立場で書きましたが、他の考えもあると思いますので、皆さん是非たくさんの先輩たちに聞いて相談し、考えてみてください。

そして秋田県での研修を選択してくれたら嬉しく思います。                                                   

                                                                                                                                    2013年10月