本文へスキップ

秋田で医療を始める先輩たち

野坂 光司 先生(整形外科)

自分の目指したい先輩

tateoka hiroshi

秋田大学医学部附属病院 整形外科 助教 野坂 光司 先生

 大学を卒業するとき、秋田に残るか、何科にすすむか、ノイローゼになるほど悩みました。今は秋田で整形外科医になり、本当によかったと思えます。

 学生時代や研修医の頃は,都会の大病院で働けば立派な医師になれるような錯覚に陥りがちです。自分もそうでした。
いろいろな大病院を見学に行きました。しかし、見知らぬ土地の大きな医局の中で確固たるポジションを獲得するということは、自分の血の滲むような努力の他に、愛情を持って自分を指導してくれる師に出会うという人並みはずれた幸運が必要です。

 今にして思えば、たかだか1日や2日の病院見学で自分の一生の進路を決めるなど、あってはならないことだとさえ感じます。

 学生時代の病院実習や医師免許取得後の初期研修で、医師としての力をつけることと自分の適性を知ることよりも大事なことは、自分の目指したい先輩医師(医師像)を見つけることだと思います。
大切なことは研修するハコではなく、研修に真摯に立ち向かう自分の姿勢と、熱心に指導してくれる先輩医師の存在です。

 残念ながら、どこの病院でも、真面目でデキるいいヤツなのに真っ昼間から一人医局で教科書を読んでいる研修医がいますが、これは放って置いている指導医の問題です。教科書は真夜中にでも読みましょう。
僕は研修医時代に尊敬する先輩に出会い、その人に憧れて整形外科に進むことに決め、その後も研究面、自分の臨床の専門分野でも、次々に立派な師と出会い、今も自分をいつも気にかけてくれるbossのもとで働くことが出来ています。
母校に残らなければ、こうはいかなかったでしょう。

 秋田県には全国を舞台に世界を舞台に活躍している多くの先輩がいらっしゃいます。
  都会が全てではありません。母校に誇りを持ち、気心の知れた仲間達と秋田の医療を支えていきましょう。

2012年9月