本文へスキップ

秋田で医療を始める先輩たち

中村 正明 先生(外科)

雄勝中央病院においで下さい

tateoka hiroshi

雄勝中央病院 院長 中村 正明 先生

 雄勝中央病院は秋田県の最南端、湯沢市にあります。湯沢は七夕絵灯篭や大名行列、さらに犬っこ祭りなど情緒あふれる街です。湯沢の文化に触れながら充実した研修生活を送って欲しい、というのが私たち指導医の思いです。

 雄勝中央病院の研修では人と人とのつながりを最も重視しております。研修医と指導医や病院スタッフ、研修医と患者や家族との人間関係を築き、病気と共に人間も診るという姿勢を学んでほしいと思います。

 指導医は多士済々であり、年齢的には40歳代が殆どです。いずれも情熱的で、温泉研究会など院外研修も盛んに行われております。カリキュラムは各自の個性を尊重し、研修医と相談の上で決定しております。

 当初は様々なタイプの研修形式を提唱する病院が多かったのですが、最近は当院のように個別のカリキュラムを組む病院が多くなったのは喜ばしい事と思います。

 研修医数が少ない事から臨床症例は豊富に体験できます。皆様のお出でをお待ちしております。

2009年1月