本文へスキップ

秋田で医療を始める先輩たち

久保田 均 先生 (整形外科)

貴重な体験になるのでは

 

能代厚生医療センター 整形外科  久保田 均 先生
 

私事ですが、医師になり四半世紀が過ぎました。当時の研修医生活を振り返ると、2日間眠らず働いたとか、1週間家に帰っていないとか、そんな話(今では笑い話)がごろごろしています。ハラスメントなんて言葉もなかったですし。当院は少人数制でもあり、研修医の人達が和気あいあい、のびのびと働いているのをみると隔世の感があります。しかし今の研修医は、当時の研修医だった私よりもはるかに高レベルの医療技術や知識を習得し、医師としてのキャリアを積み重ねていると思います。
その後、私は7つの区市町の8つの病院を渡り歩きました。その中で同門の秋田以外の先生方とも働くことができました。必ずしも絶対の正解がない医学の世界で、視点や考え方の違う人達と接したことは非常に良い経験となりました。当院にも岡山、九州からの研修医もおりますが、医師として働く初めての2年間に、他の職種の人も含め立場や文化の違う様々な人々と触れ合うことは貴重な体験になるのではと思っています。

平成30年9月