本文へスキップ

秋田で医療を始める先輩たち

平宇 健治 先生(外科)

For the patients

 

平宇 健治 先生

由利組合総合病院 外科 平宇 健治  先生

 当院で研修する先生には、「100点でなくてもいいから、困っている患者さんに自分ができることをやってあげよう!」という「for the patients」の精神を伝えています。この精神は、「相談すれば何とかしてくれる」「断らないで診察してくれる」「専門外でも何ができるか考える」と将来評価されるような医師を目標としており、専門性の高い治療のみを追求する臨床研修病院とは一線を画するものです。
今どきは専門性を重視して専門外には手を出さない風潮がありますが、「泥臭いけれども、親身になって一生懸命患者さんを診ていく姿勢」を大切にし、当院の伝統として継承していただければと思っています。古い価値観だと笑われそうですが、今も昔も、そして将来も『医師としての核になる信念』となると信じています。
もちろん、「きっと何とかなるから」という全く裏付けのない自信だけであっては困ります。「for the patients」の精神だけではなく、診断や治療、手技の勉強も必要です!
 
平成28年1月