本文へスキップ

語りを聞く

前山自治会 会長(平成26年度) 藤田正さん

画像:前山自治会 会長(平成26年度) 藤田正さん

  

 北秋田市・前山地域の自治会長を務める藤田正さんは、前山自治会の役員を36年間務め、平成26年(2014年)2月に行われた総会で会長に推薦されました。
前山自治会は会長、副会長のほか、総務、会計、委員で構成されています。前山自治会は七座(ななくら)地区(前山、今泉、黒沢)に含まれ、七座村地区協議会や、さなぶりに行われる三地区運動会など、合同で行う活動が多くあります。
また、山などの財産管理のほか、5月に地域の鎮守、「雷皇(らいこう)神社」で行われる例大祭の前に、参道の刈り払い、墓地の清掃などを行い、地域の美化や管理に務めています。
自治会で話に挙がったのは、若い世代との交流が少なくなってきたと感じているということです。世代間で交流できるような、何かやれることはないだろうか、と話が持ち上がり、平成27年度(2015年度)のお盆を目処に、世代間交流を目的とした行事の開催を予定しています。たくさんの人や世代が集まることで、様々な意見が出てくるのではないかと期待が高まっています。
かねてから、自治会では高齢者の雪下ろし、除排雪などの雪対策のため、話し合いが行われていました。藤田さんは、社会福祉協議会の補助や、北秋田市の事業など、様々な提案がある中で、どのような形で行っていくか自治会役員や婦人会など、様々な意見を聞きながら熟考しています。
 藤田さんは雷皇神社から見下ろす景色が好きだと話します。前山地域の家々や、米代川、広く続く田んぼには冬になると白鳥が飛来します。
雷皇神社の鳥居近くにはイチョウの大木があり、秋には鳥居周辺は鮮やかな黄色に染まります。
四季によって違った顔を見せる前山地域の風景を眺めながら、藤田さんは地域の皆さんと熟考してきた目標に向けて歩を進めようとしています。
 
2015年3月31日掲載
 

ページ上部へ戻る

北秋田の関連情報