本文へスキップ

語りを聞く

「特別養護老人ホーム 山館苑」との連携協力

画像:「特別養護老人ホーム 山館苑」との連携協力

  

大館市・山館地域にある「特別養護老人ホーム 山館苑(入居者数・50人)」は、山館地域が市に要望して、社会福祉法人 水交苑が平成20年(2008年)に開設した施設です。
 山館苑は、『入居者・家族・職員・地域 共に歩む 心通う やまだて家族』をモットーに施設運営をし、地域に根ざした活動を展開しています。
山館苑がある場所は、かつて「上川沿村立上川沿小学校」があった場所で、小学校は住民の地域交流の拠点として四季を通じて利用されていました。しかし、小学校の統合移転に伴い住民の交流の機会や行事も徐々に少なくなり、特に地域のメーン行事であった盆踊りも行われなくなりました。
そこで、山館苑では施設を開放して地域交流を進めようという話が挙がり、また、地域住民からも地域内の親睦を深める場を設けようと、平成23年(2011年)に、山館地域の盆踊り大会が復活しました。盆踊りは、苑の入居者・家族、山館地域の人、盆で帰省してきた人、さらには苑に隣接する山館児童館の児童など、老若男女が多数参加し、山館地域からは地域産の農作物がどっさり賞品として提供されたほか、苑では地域産の枝豆とジャガイモを使ったお好み焼き「やまちゃん焼き」も販売されるなど、大賑わいを見せています。
 また、山館苑では、地域交流事業の一環として、地域産の農作物を使った給食作りをしています。地域産の農作物は新鮮で、作った人たちの“顔”が見える安心、安全、安価なもので、入居者の皆さんに「今、そこのビニールハウスで採れた野菜だよ」と伝えると、興味を持って食べてくれます。
多くのオリジナルメニューをつくり、入居者から大変喜ばれています。
平成26年(2014年)11月には、地域の方々を招いて地域産の農作物を使った給食メニューの試食会を行い、野菜作りをしている方々からの調理のアドバイスをもらいました。また、地域の収穫感謝祭にも山館苑の職員が参加したほか、音楽祭(6月)や、雪灯ろう祭(2015年2月)などの行事も地域住民と一緒になって行われ、山館地域をアピールする機会にもなっています。
 「苑では、介護という分野だけではなく日常生活や行事、地域産農作物など様々な形で地域交流を深めていくことが入居者の元気づくりにつながるし、地域全体が“共に歩む 心通う『やまだて家族』”になると考えています。」と若狭山館苑施設長は話します。
山館地域は、農業と介護、行事、“家族”と異業種交流を進めながら、今、地域活性化をキーワードに大きく動き出しています。
 
2015年3月31日掲載
 
【お問い合わせ】特別養護老人ホーム 山館苑
●住所 秋田県大館市山館字館下12-1
●電話番号 0186-42-7557
●FAX 0186-42-7567

ページ上部へ戻る

北秋田の関連情報