本文へスキップ

食を楽しむ

浄夜豆腐

画像:浄夜豆腐

 こちらは、通称「じょいどうふ」と呼ばれる精進料理。
 
 かつて大晦日の晩、翌年の豊作を祈って、除夜の鐘を聞きながら食べたということから名づけられました。近所の和尚さんが8杯も食べて驚かせたことから八杯豆腐とも呼ばれています。
 
 短冊切りにした豆腐を醤油味のダシで煮込んでお椀に盛り、辛み大根のおろし、そしてとろろをかけて完成です。夏休みに遊びにくるお孫さんたちにも大人気で、野菜が苦手な子どもたちも喜んでおかわりしていくそうです。
 
 静寂な除夜の情景が目に浮かぶような、さっぱりとした味わいがします。
 
                                2010年4月掲載

ページ上部へ戻る