本文へスキップ

食を楽しむ

和子さんのキムチ

画像:和子さんのキムチ

 比内地鶏の里で知られる「道の駅ひない」に併設された、直売所「とっと館」の人気商品の一つが「和子さんのキムチ」です。大葛地域の大谷に住む阿部和子さんが作るキムチは、一見、普通に見えますが、何と18種類の材料を使用したキムチです。添加物を一切使用していないのが自慢で、甘みをひき出すため、砂糖ではなく、蜂蜜と大館市産の中山梨を使用しています。

 さらにキムチの材料に、唐辛子、アミの塩辛、ニシン漬け、ナンプラーといった韓国産のものを取り寄せるなど、食材の選定にはキムチを作る阿部和子さんの情熱が伝わってきます。比内ベニヤマ荘で30年以上、調理担当をしてきた和子さんならではの工夫を凝らしたキムチは、現在の味になるまでに、何十種類も材料を試したそうです。和子さん曰く、製造して一週間ほどたった時が一番の食べごろだそうです。

そのほか、おススメの調理方法が、キムチチャーハン。18種類の食材が入ったキムチだから調味料いらずで、キムチとご飯を炒めるだけで作れます。甘さと辛さが絡み合ったチャーハンと一緒に飲むビールは最高!! 恵み豊かな大葛地域の味がたっぷりつまった和子さんのキムチは250gで300円とお買い得です。
 
 趣味が山歩きの和子さんは、山菜採りの名人で、採れたての山菜を直売所に出しています。パンやケーキ作りも積極的に勉強中の和子さんは、「いつか工房ができれば」という夢を持っています。「とっと館」に足を運んだ際は、大葛の料理名人、和子さんのキムチを、ぜひ一度ご賞味ください。
 
2011年4月掲載

ページ上部へ戻る