本文へスキップ

語りを聞く

松館しぼり大根の農家のみなさん

画像:松館しぼり大根の農家のみなさん

 -辛旨さの秘密は……-

辛い辛い松館しぼり大根。「あきたおにしぼり」、というのが松館で育てられている品種の正式な名前です。辛味にばらつきがあった地場産のものを、農業試験場で品種改良を重ねて完成された「あきたおにしぼり」は、夏に種をまき、収穫は秋も深まってくる10月下旬から11月になります。

 品種改良のおかげで、楔形だった大根の形もまるまるとしたものになりました。しぼり大根は、松館の中でも松館グラウンドの奥「野月」と呼ばれる場所でのみ栽培されています。この野月の土と、八幡平からの水、そして冷涼な鹿角地域の気候が無ければ、しぼり大根独特の辛さとコクは出ないと言われています。野月が開田されたのは昭和40年ごろで、その後転作が行われ、現在のように一面大根畑になったそうです。

しぼり大根の生育管理は、ほぼ手作業で行われます。唯一機械が活躍するのが種まきの時だけで、後は収穫まで雑草と戦わなければいけません。農薬が使えない時期のため、手間も人手もいる作業になってしまいます。雑草が伸びきってしまい、収穫できないこともあるそうです。

 最後の収穫も晴れ間と生育具合を見ての大変な作業となります。抜いた大根はその場で軽く土を払うと、包丁ですぐに葉っぱを切り落とします。家族総出の作業となり、足りないときには近所同士声を掛け合っての収穫が行われます。収穫された大根は、倉庫で大事に保管され、春先ごろまで流通することになります。

「松館しぼり大根栽培組合」の山崎会長は「食べてもらって『うめがった!』と言ってもらえるのがなにより」と言います。手間暇かかっていればこその美味しさなのです。それを誇るかのように、集落内には「ここで栽培されています!」という看板がたっています。

●関連記事→松館しぼり大根」「松館しぼり大根のレシピ
 

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る