本文へスキップ

食を楽しむ

豆腐汁

画像:豆腐汁

 鹿角市・松館地域で食べられている「豆腐汁」は、割り箸ほどの太さに切った豆腐を醤油ベースの汁に入れ、カタクリでとろみをつけた「すまし汁」で、このすまし汁に、女性はとろろを、男性は、なんと洋がらしを入れて食べる風習があります。
北秋田市の根子地域で、大晦日に食べられる浄夜豆腐と似ていますが、松館地域では、大晦日ではなく、よくお祝い事などで食べられています。
「豆腐汁」のほかに、最上級のお祝い事や祭典の宵宮のお祓いが終わった後などに食べられる、「寄せ豆腐の汁もの」があります。醤油ベースのおつゆの味に浮かんだ、寄せ豆腐の上にからしをのせて食べるというシンプルなものですが、からしのぴりっとした辛みが食欲をそそる一杯となっています。

また、湯豆腐にからしをのせずに、松館地域自慢の特産品、松館しぼり大根でも食べるそうです!
皆さんも是非、松館地域の家庭の味を味わってみてはいかがでしょうか。

 

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る