本文へスキップ

食を楽しむ

鹿角の郷土料理「けいらん」

画像:鹿角の郷土料理「けいらん」

 
「けいらん」は鹿角地方に伝わる郷土料理です。こしあん入りの餅を鶏卵に見立てて、すまし汁に浮かべます。


 尾去沢鉱山は上方(かみかた:現在の大阪、京都を初めとした都や皇居に近い地域のこと)と交易があったため、江戸時代に禅宗の精進料理の一つとして京都から伝わったと言われています。旧南部藩の領地に伝わる「けいらん」ですが、三ツ矢沢を含む鹿角市のけいらんの特徴は、あんにクルミと胡椒が入ることです。
 
 山で採れるクルミはともかく、なぜ胡椒が入るのか? はっきりしたことはわかりませんが、交易が盛んだった尾去沢鉱山のお膝元であることから、舶来品である胡椒を取り入れたのかもしれません。
 
 精進料理のお吸い物として作られてきた行事食で、通常、白いけいらんを二つ浮かべます。おめでたい時は食紅でピンクに染め、紅白のけいらんを作ることもあります。
 
 今はホテルや式場で作られることが多いけいらんですが、かつては集落の料理上手なお母さんたちの手作りでした。大きな人寄せのある行事の際は、何人も家に集まって作りました。甘い物の少ない時代、子どもから大人まで楽しみな一品でした。
 
 直径2センチほどのあんを手に取り、クルミと胡椒を入れて丸めます。白玉粉を耳たぶの硬さにこね、あんをくるんだらたっぷりのお湯で湯がき冷水にとります。
 
 具は卵そうめん、三つ葉、舞茸が入り、だし汁は昆布と削り節でとります。風味の良い舞茸が入ることも特徴的です。
 
 三ツ矢沢は、平成23年(2011年)鹿角市の地域力再生支援事業のモデル集落に指定されました。集落座談会が開かれ地域のお宝探しが行われました。その中で郷土料理・けいらんの教室を開いてはどうかという意見があり平成24年12月23日に、小田島キサさんを指導役として講師に迎えて三ツ矢沢自治会館で料理教室が開かれました。
 
 お正月料理として、紅白のけいらんを筆頭に、「とと豆(鮭とイクラ)ごはん」、「アボカドとカニのカクテル」、だし巻き卵を作り、集落の交流を深めました。

【産地直送ブログ】
鹿角市・三ツ矢沢で鹿角の伝統料理「けいらん」を習う!(2013年1月掲載)

 

2013年6月掲載

ページ上部へ戻る

  • 1 ツイートする
  • 1