本文へスキップ

食を楽しむ

南蛮巻き大根

画像:南蛮巻き大根

 鹿角市・毛馬内(けまない)に位置する甚兵エ川原(じんべえかわら)地域では、ずっと昔から「南蛮巻き大根」という漬物が家庭の味として食卓に上ってきました。
南蛮巻大根は、鹿角市でよく食べられている漬物「しそ巻き大根」の原点とも言われ、甚兵エ川原地域は「しそ巻き大根」の発祥の地と言われています。
「南蛮巻き大根」は、短冊切りにした大根に、しそが巻かれた上品な見た目で、パリパリとした食感と、ふんわりと香るしその風味、そして南蛮のピリリとした辛さが真っ白なご飯にとてもよく合う一品です。
お母さんたちは、それぞれの家庭で伝わる「南蛮巻き大根」の漬け方を代々受け継ぎ、現在も変わらずその味を守り続けています。
各家庭で作り方や味などが変わりますが、主な材料は大根、塩、醤油、赤唐辛子、しその葉などです。
また、「南蛮巻き大根」をしそで巻かず、しその実と一緒に漬けたものを「ばら」と呼ぶほか、「ばら」にニンジンを加え、細かく刻んだものを「しその実漬け」と言うなど、様々なバリエーションがある家庭料理となっています。
いずれにしても真っ白なご飯にのせたり、おにぎりの具にしたりと、ご飯のお供に欠かせない食卓の影の主役となっています。

2012年5月掲載

ページ上部へ戻る