本文へスキップ

食を楽しむ

色カブ

画像:色カブ

 食紅を落としたように鮮やかな赤色をした漬物が目に止まりました。普通の白いカブを漬けたというその漬物は、しそ漬けにしたわけでも、食紅を使ったわけでもありません。
鮮やかな赤色の正体は「色カブ」という、赤いカブです。
色カブと一緒に漬け込むことによって、まわりの食材に赤い色を付けることができ、長い時間一緒に漬けておくほど、より濃く鮮やかな色がつきます。
素材そのものの味を変えずに着色でき、食品添加物を使わずに鮮やかな色を演出できる色カブは、大変重宝する作物です。

2012年5月掲載

ページ上部へ戻る