本文へスキップ

語りを聞く

椿台集落会の活動

画像:椿台集落会の活動

  地域の維持管理やレクリエーションの主催などがメインの椿台集落会ですが、特に重要なのが「ふしん(普請)」と呼ばれる地域の共同作業です。

 
 5月初め、水路を整備する「春のせきぶしん(堰普請)」から共同作業は始まります。注目はその出席率の高さです。これから秋まで続く様々な「ふしん」には、特段の理由がない限り皆さん集まってくれるそうです。高齢で作業を免除された方でも、元気ならば参加してくれる人がいるというのだから驚きです。
 
 平成23年(2011年)には集落を見下ろす道路沿いに、成長した桜並木を楽しみにして、たくさんの桜の木を植えました。また、高齢者の方たちの健康チェック、交流促進のため月一回行われているレクリエーション「いきいきサロン」への参加者を増やそうと計画しています。
 
 防災に力を入れているのも地域の特色といえます。
 火災警報器の設置義務化を受け、東成瀬村では一番早く全戸に警報器を無料で配布し、取り組みが注目されました。
 
 岩手・宮城内陸地震、東日本大震災という2度の大地震の際には、高齢者世帯の安否確認、水道のトラブルに対する給水活動、そして必要に応じた支援や避難体制などが注目を集め、新聞などでも紹介されました。
 
 これらの地震を教訓に、椿台集落会ではさらなる防災の強化を目指しています。「まるごと自然館」での炊き出しの練習や避難訓練も行いました。将来的には、避難訓練と講習会を定期的に地区のイベントに組み込んでいければと話しています。
 
 こうした活動を支えているのは「五軒組」と呼ばれる昔からある相互扶助の仕組みです。5~6軒が班を作り、それぞれの班ごとにきめ細かい「ご近所づきあい」が行われています。普段から近い家々で声を掛け合って協力できるからこそ、何かあった時にどういった支援が必要か、どうすればいいのか、といった密な支援ができるのです。避難などの際に「五軒組」のコミュニケーションを活用して、避難の確認をする仕組みができれば、と集落会は考えています。
 
 椿台地域では普段の活動が土台にあるからこそ、有事にしっかりとした対応ができたそうです。いつ起きるかわからない災害に備え、集落会の「普段の活動」は続きます。
 
2012年5月掲載

ページ上部へ戻る