本文へスキップ

語りを聞く

内町・御屋敷町内会

画像:内町・御屋敷町内会

  湯沢市のJR院内駅の北側数百メートル四方に位置し、古くからの歴史に醸し出された雰囲気と景色が色濃く残る、内町集落と御屋敷集落。この2つの集落で組織する内町・御屋敷町内会は、元々は別々の町内会でした。

それぞれの地区に会長がいらっしゃいますが、2つの地区が一体となって行事を行うことが多く、基本的には一つの組織として動いている町内会です。
 
 内町・御屋敷町内会の仕事は、お祭り、春のクリーンアップ、刈り払い、河川清掃、防犯・防災対策、雪対策などがあり、中には内町地区と御屋敷地区が別々に行うこともありますが、ほとんどは2つの地区が回覧板などで連絡を取り合い一緒に行っています。
 
内町・御屋敷町内会の方々は、「年上の人にお世話になってきたので、なんとしてでもその人達に喜んでもらいたい。花見などの行事を増やして、楽しませてあげたい」と、温かい笑顔を浮かべながら話してくださいました。
 
御屋敷集落では、平成21年度(2009年度)に「明るさ・希望調査(集落点検)」、平成22年度(2010年度)から「元気ムラワークショップ」が行われ、平成23年度(2011年度)には隣の内町集落も交えて、集落の資源やその活用による活性化等について話し合ってきました。
町内会では、瀬戸山公園の整備を行い、その中で「えびす俵を復活させたい!」という意見が形になり、平成23年(2011年)にえびす俵を降木神社へ奉納しました
「えびす俵」の俵や御幣などは、集落のお母さんたちが作っています。
 
「お母さんたちの得意技を引き継ぎ伝えていきたい。それが、これからの内町・御屋敷町内会の目標」と両町内の方は話します。
復活と伝承、その言葉には「つながる想い」があります。
 年上を敬い大切にする心、そして集落への想いが、内町・御屋敷町内会には溢れていました。
2012年5月掲載

ページ上部へ戻る