本文へスキップ

語りを聞く

狙半内自治会長(平成23年度)奥山良治さん

画像:狙半内自治会長(平成23年度)奥山良治さん

 狙半内(さるはんない)自治会は、上畑(かみはた)集落や滝ノ下集落を含めた狙半内地域、各6集落から選任された人でつくられた組織です。
主な役割は、地域にある山林などの共有財産の管理、集落への公共施設や事業の補助金、狙半内地域から出された要望の処理、また市役所に対しての相談や陳情などです。会長の奥山良治さんは自治会の理事を9年間務めた後、平成20年(2008年)に副会長に就任し、平成22年(2010年)に前会長が退任したことにより会長になりました。

 会社員として過ごしてきた奥山さんは、50代の頃から退職後の生活について考え始めていました。地元で農家を営み、地域のために役に立ちたいと思うようになったそうです。
退職後、上畑集落にある自宅で農業を始めた奥山さん。会社員の頃から構想を温めていた「やわらかく」「アクの無ない」「ねばる」「太い」ワラビづくりを目指し、10年の歳月をかけて栽培に成功しました。
減反した田んぼや自宅の裏など、一部には桑の木も植えているワラビ畑からは、春になると一斉に沢山のワラビが生えてきます。あく抜きなしで生のままかじっても美味しいワラビは、奥山さん自慢の一品です。

 上畑集落や各イベントなどにも積極的に顔を出し、色々な仕事を引き受ける奥山さんですが、会社では生産ノルマ・コストと色々苦労させられることが多かったと言います。「おかげで今は、何をやっても苦痛に感じない。会社では組織のため、言いにくいことまで言わなければいけなかったが、今では人と腹を割って本音で話せるというのは本当に幸せだな」と奥山さんは語ってくれました。

 地域は人口が少しずつ減り、空き家が増えています。奥山さんは「この地域に一番ふさわしいものは?」と常に思い、「時代に合わせた考え方を」と、地域の良さを活かしてアピールしていきたいと考えています。

 そんな奥山さんは地域の名人! としての一面もあります。実は48歳頃から始めた民謡の名人であり、日本武道館での全国大会に秋田県代表として出場し、優勝したこともある凄腕。現在も秋田県民謡協会の公認講師をして活躍しています。
 

2012年5月掲載

ページ上部へ戻る