本文へスキップ

食を楽しむ

横手焼きそば発祥の店 元祖 神谷焼きそば屋

画像:横手焼きそば発祥の店 元祖 神谷焼きそば屋

  横手市を代表する「ご当地グルメ」と言えば「横手やきそば」です。平成21年(2009年)に「B-1グランプリin横手」に出場し、ゴールドグランプリを獲得したことから、知名度が全国区にまで高まりました。
横手市で初めて焼きそばを作り始めたのが、大屋新町に店を構える「元祖 神谷焼きそば屋」です。終戦直後、屋台でお好み焼き屋を営んでいた男性がいました。当時のお好み焼きは小麦粉を薄く焼き、割り箸に巻き付けたもので、子どもたちの貴重なおやつでした。お好み焼きに代わる新商品を作ろうと、横手市内の製麺業者と試行錯誤の末、昭和28年(1953年)頃に現在の横手やきそば麺が完成しました。
現在の神谷焼きそば屋は、3代目の大沼さんご夫婦によって営まれています。甘口のソースと、断面が四角い柔らかな麺、半熟の目玉焼き、そして「子どもたちにも食べやすく」と紅ショウガではなく福神漬けが添えられているのは当時のまま。懐かしい味わいを求めて、地元だけでなく遠方からのお客様も多く訪れる人気店です。
国道13号から看板を目印に西方向へ100メートルほど入ると、白地にえんじ色ののれんが出迎えてくれます。メニューは焼きそばのみですが、肉、野菜、卵、ホルモンと量(並、中、大、W)を組み合わせて自分好みの焼きそばを注文することができます。麺の量は並が1玉、中が1.5玉、大が2玉、そしてWでは麺2玉に、なんと具材の肉や卵も2倍です。
また、テーブルの上に備え付けられているソースで味の濃さを調節できますし、またお店の主人が選んだ「にんにく七味」「にんにくこしょう」を掛けると、味に変化が付いてまた違った味わいを楽しむことが出来ます。
お土産用の焼きそばも買うことが出来ますので、近くに来たら是非立ち寄ってみてください。

■参考
共同組合横手焼きそば暖簾会ウェブサイト

【お問い合わせ】元祖 神谷焼きそば屋
●住所 秋田県横手市大屋新町中野117-67
●電話 0182-33-5575
●定休日 月曜日(祝日の場合は営業)
●営業時間 11:00~18:00

2013年8月掲載

ページ上部へ戻る