本文へスキップ

名産を買う

手づくりの店ちば

画像:手づくりの店ちば

 仙北市・田沢地域を通る国道341号沿い、秋扇湖に向かう途中にある「手作りの店ちば」は、着物のリメイクや、古布で作った民芸品、ツル編み細工など、様々な手づくり商品を販売し、家族で経営しているアットホームなお店です。

 お店を始めたのは平成11年(1999年)頃からで、お母さんの弟さんが「一緒にお店をやらないか」と提案してきたのが始まりでした。現在ではお母さんが商品を作っていますが、その当時はお母さんが着物のリメイクを、そして弟さんが小物を作っていました。

 こうして、家族で開業した「手作りの店ちば」は、その当時の車庫を現在の店構えに作り替えられた、お店も商品もすべてが手作りのお店です。

 店内には所狭しと、和柄の可愛らしい小物や、田沢の土地の自然素材を活かしたちょっぴりユニークなお人形などが棚に並び、天井からも商品が顔をのぞかせています。そして、着物をリメイクして作られたお洋服もたくさん並んでいます。

 店内の商品は、種類も豊富でユニークで可愛らしいものばかりで、あれもこれもと目移りしてしまいます。

 お店に来店するお客さんは、主に玉川温泉に湯治に来て、1、2週間滞在している方が多く、斬新なリメイク商品を見に来るだけでなく、ちばさんとのお喋りを楽しみに来店する方もいらっしゃいます。

 新作を楽しみに来店するお客さんを飽きさせることがないように、お母さんは日々商品作りに励んでいます。

 商品に対してのお客さんの反応を楽しみ、様々なジャンルのお客さんとの何気ない会話から得られる知識などを、商品作りの糧にしながらお店の商品を変化させていくのだそうです。

 こうした研究心と遊び心が、「手作りの店ちば」でなければ買うことができない、世界で一つだけの商品を作りだしています。

 ちばさんが作り出す作品は、布が小さくなるまで大事に大事に、様々な姿に作り変えられています。

 お客さんから着物をリメイクして欲しいという要望はありますが、着物の状態などから、お客さんの希望通りに出来ない場合もあるため、請け負っていないということです。

 また、お客さんの中には山菜のわらびを目当てに来店する方もいます。ちばさんで販売している黒わらびは粘りが強く、関東など料理店から注文が来るほどの人気があります。その他にも、ミズ、シドケ、あいこ、タラの芽など、時期になると、採れたての山菜がお店に並ぶのだそうです。

 山菜は、ご連絡を頂ければ、発送も可能だそうですので、下にあるお問い合わせ先から詳しく聞くことができます。

 また、ちばさんのお店の庭には、通るお客さんに見た目も楽しんでもらいたいということで、季節の花や山野草が植えられており、四季で違った「手作りの店ちば」を楽しむことができます。
 
 
【お問い合わせ】手づくりの店 ちば
●住所   秋田県仙北市田沢湖町田沢字耳除101-1
●営業日  不定休
●営業時間 9:00~16:00
●電話・FAX  0187-42-2521
●e-mail  a.chiba@axel.ocn.ne.jp
 
2012年2月掲載

ページ上部へ戻る