本文へスキップ

食を楽しむ

田沢ながいも

画像:田沢ながいも

 

仙北市田沢地域では、希少価値の高い「田沢ながいも」が栽培されています。
その味は他の地域の長芋と比べて「粘り」「コク」の強いもの。どちらかというと山芋に近い力強い味となっています。
この「田沢ながいも」独特の力強い味には、生産する土壌が大きく影響しています。田沢地域、それも玉川の西側はかつての玉川の流路だったこともあり、他の地域よりも砂地が多く、かつ長い年月の経過で土がバランス良く混ざるようになりました。そんな地元の土壌が、ながいもの生育に適しており、この環境でなければ同じ味わいを出すことは困難といわれます。
生産場所が限られるため、生産する農家も限定される上に個人販売が主であり、粘りとコシのある幻ともいえる逸品を入手するのは容易ではありません。
 
田沢ながいもの栽培は、5月上旬に種いもを植え付け、支柱立て・ネット張り、6月から弦が伸びてきたら早めに絡ませる誘引という作業を行います。定期的に追肥、病害虫防除を行い、8月中~下旬には葉面確保のため薬剤を1週間おきに散布します。このように手間暇があり、10月下旬~11月初旬に、ようやく収穫されるのです。
 
品種の名前はその名も「田沢1号」。自分たちの地域の名前がついたながいもだからこそ、大変な栽培が今まで守られてきたのです。ただ、現在はこの「田沢1号」も種芋の更新が少なくなってしまい、とても貴重な田沢ながいもとなってしまいました。
 
体力と根気、そして天候に合わせた細やかな管理が必要な作物、高齢化の進む田沢地域では、年々作る人も少なくなってしまっています。
各生産農家さんでは、いも掘り作業を手伝って下さる方の募集を考えています。是非手伝ってみたいと興味のある方は、こちら田沢交流センターまでお問合せください!
 
 
●お問合せ 田沢交流センター
●住所 〒014-1201 仙北市田沢湖田沢字大山7
●開庁日 月~金(祝日・休日・年末年始を除く)
●開庁時間 830分~1715
●電話 0187-43-1351                                                           
●FAX 0187-58-4100
e-mail semboku@city.semboku.akita.jp
2012年2月掲載

ページ上部へ戻る