本文へスキップ

名物に触れる

茶立ての清水直売所とお花畑

画像:茶立ての清水直売所とお花畑

 

 国道341号線沿い、茶立ての清水向かいの広い駐車場内にあるのが、茶立ての清水直売所です。
 茶立ての清水直売所が出来る以前は田沢地域に直売所はありませんでしたが、田沢地域と生保内地域の農家有志で資金を出し合い、旧田沢湖町の支援を得て平成9年8月、茶立ての清水向かいに「茶立ての清水直売所」がオープンしました。
 
 茶立ての清水直売所は、ほとんどの商品が地元田沢地域の方々の手作りです。
商品のパッケージ、野菜や山菜、干し餅、おやき、いぶりがっこ、そしてもちろんお店も、地元の方々が力を合わせて作りました。
 
 茶立ての清水直売所のオススメ商品は、なんといっても種類豊富な新鮮山菜!採れたての山菜はみずみずしく、かなりの量がお手頃な価格で販売されています。
 季節によって並ぶ商品が違うのも、直売所ならではの魅力。
 田沢地域の四季折々の山菜やキノコなどの山の幸、野菜などを目当てに秋田県内のみならず県外からも買い物客が訪れる人気の直売所になっています。
 また、目玉商品は山菜だけではありません。地元の方手作りの「いぶりがっこ」も県外の方からの熱い人気があります。
 平成23年6月5日の直売所のリニューアルオープンでは、直売所のいぶりがっこを楽しみに訪れる方が多く、初めて訪れた方からも「美味しい!」と声が上がり、評判でした。
 食べ物はもちろん、手提げカゴなどの民芸品や野菜の苗など、豊富な品ぞろえの直売所となっています。
 
 また、直売所の裏手には、地元の田沢地域運営体「荷葉」による「花と果実の里づくり事業」の花畑が広がっています。平成23年からと、まだ始まったばかりの事業ですが、田沢地域の入り口である茶立ての清水のイメージアップと、いずれは、現在植樹している「すもも」「すぐり」「ブルーベリー」「アキグミ」などの摘み取りを子どもたちに体験させてあげたいというのが目標だと荷葉の方が話してくださいました。
 
 季節の恵みと、茶立ての清水、そしてお花畑が広がる、自然の中の「茶立ての清水直売所」。
 旅の途中の休憩所に、また、新鮮な山の幸や、地元の手作りの味に会いに、一度訪れてみてはいかがでしょうか。
2012年2月掲載

ページ上部へ戻る