本文へスキップ

語りを聞く

下荒屋町内会の活動

画像:下荒屋町内会の活動

 下荒屋町内会は現在、100世帯276人が暮らしており、子供会、環境衛生部、青年部、青年部OB会、自主防災会、女性部、新生会(老人クラブ)の7つの組織で構成され、それぞれの団体が活動を行っています。

 子供会は8月お盆の盆小屋行事、環境衛生部は年2回(春と秋)のクリーンアップ、青年部は8月の戸隠神社祭典の運営、青年部OB会はグラウンドゴルフ大会と3月のワカメ収穫体験の実施、自主防災会は防災訓練、女性部は防災訓練の炊き出し訓練や老人福祉施設へのボランティア(手作りタオルの寄贈など)、新生会は月1回集まってメンバーの交流の場を作り、にかほ市の大須郷地区の老人クラブと年1回交流会を開催しています。

これらの活動に加え、5月の古四王神社祭典、2月の初午祭など、昔から受け継がれてきた祭典行事や、ワカメ収穫のような子供から大人、お年寄りまで、みんなが楽しめる行事を企画し、地域の賑わいの場を創り出しています。
 
 
2016年3月31日掲載

ページ上部へ戻る