本文へスキップ

名産を買う

秋葉獅子と山菜料理

画像:秋葉獅子と山菜料理

 

 たらの芽、こしあぶら、うど、山葵、そしてマゴスケと呼ばれるサクラシメジ。

 旧暦3月25日に行われる秋葉神社例祭では、無病息災の獅子舞を行う秋葉獅子をもてなすため、集落の人々が腕に振るいをかけた山菜料理が用意されます。
 
 「さっき採ってきたばかりだよ!」と、30分ほど前にすぐそばの山で採れた「しどけ」を味わえるのも山菜の宝庫・上笹子ならではの風景。例祭をとり行う秋葉獅子保存会のメンバーは、お母さんたちが腕比べのように競いあう山菜料理がこの祭りの大きな魅力と話します。

 そんな上笹子の山菜は、季節になるといっせいに道の駅・清水の里鳥海郷の「直売所 ほっといん鳥海」に並びます。どれも、名人、目利きたちが険しい奥山を踏み分け集めてきた逸品揃いです。地元に伝わる山菜レシピも添えられています。ぜひ上笹子流の山菜の味をお楽しみください。
 
【お問い合わせ】
営業時間 8:3018:00
住所 秋田県由利本荘市鳥海町上笹子字堺台100
TEL 0184-59-2022
2010年12月掲載

ページ上部へ戻る