本文へスキップ

語りを聞く

西野町内会

画像:西野町内会

 西野町内会は会長、副会長、会計の三役を始め、10名の理事が「事務局」「生産部」「道水路部」「厚生部」「保健体育部」の部門に分かれて活動をしています。
 「事務局」は西野公民館の管理や郷土文化の保存、「生産部」は農業に関する業務、「道水路部」は道水路の管理や山林に関する業務、「厚生部」は八幡神社のお祭りや神社の管理、町内の防犯、火災予防、交通安全などのこと、「保健体育部」は衛生管理や健康保持の活動、体育に関する活動を行っています。
 農協の理事、土地改良区の役員、町政協力員や火災予防組合の役員、福祉員など五城目町や農協関係の委員も町内から選出しています。
 八幡神社の管理や祭りのことは5人の責任役員と厚生部が行っています。
 
 西野地域では八幡神社の3つのお祭りや百万遍念仏などの昔から伝わる行事のほか、地域の方が集まる場として西野住民交流会が行われています。昭和38年(1963年)に始まった「火の用心」は約50年間ずっと続けられており、その間、西野地域で火災は一切起きていません。
 昔からの行事がずっと続けられている姿から、西野地域のまとまりの良さが感じられました。
 

2014年5月29日掲載

 

 

ページ上部へ戻る