本文へスキップ

食を楽しむ

甘くて瑞々しい! 中石産の男鹿梨

画像:甘くて瑞々しい! 中石産の男鹿梨

  男鹿梨の里、中石(ちゅういし)地域は、『男鹿五里合民俗誌』によると、江戸時代に越後(現在の新潟県)の人が梨の苗木を中石で植えたのが始まりと伝わり、明治21年(1888年)頃から本格的に和梨栽培が行われるようになったと言います。中石地域の住民の8割が梨農家という、まさに梨が地域のシンボルと言っても過言ではない地域です。

 北東北最大の和梨生産地として知られ、5月頃になると広大な梨農園が梨の花で白く彩られます。この時期から梨の受粉作業が行われ、この作業が今後の梨の収量に大きく影響します。
 
 中石地域で育った梨は瑞々しく、甘く感じられます。地域の方は「潮風が美味しさの秘訣なんじゃないかな」と話してくれました。
 
 9月頃になると梨の収穫が始まり、地域内は梨直売のノボリで賑やかになります。どの直売所も自慢の梨を各々の梨農園で販売しています。
 さらに、毎年10月には「中石果樹組合」が主催する「男鹿梨まつり」が地域内の「JA秋田みなみ梨選果場」で開催されます。広い選果場内いっぱいに用意された梨の段ボール箱が完売するほどの人気イベントとなっており、会場で買うも良し、梨狩り体験で梨を味わった後、自分たちで収穫するも良し! 「男鹿梨づくし」を楽しみたい方におすすめです。
 
 皆さんも、海辺の地域で育った瑞々しい梨を味わいに、いらしてみてはいかがでしょうか。
2014年2月21日掲載
 
■参考文献
『男鹿五里合民俗誌』
『男鹿市史(下巻)』
 
【産地直送ブログ】
 

ページ上部へ戻る