本文へスキップ

食を楽しむ

滝の頭クレソン

画像:滝の頭クレソン


 「滝の頭クレソン」は、男鹿市鮪川地域の滝の頭の水が流れ込む場所で栽培されています。

 地元の鮪川自治会では、地域自慢の滝の頭の水を使ったクレソンを地域の特産品にと、クレソンの栽培に2010年の6月から取り組んでいます。
 滝の頭の水は、透明度が高い、とてもきれいな清水です。
 その滝の頭の水が入ってくる場所にクレソンを植え付けして栽培しており、クレソンは滝の頭の清水をたっぷり吸って美味しく育ちます。

滝の頭クレソンは、男鹿市・船川のグルメストアフクシマさんで販売中で、そのお値段は70g50円というお手頃価格。
 生産者の畠山丈広さんには「まずは食べる方に喜んでもらいたい」という思いがあり、お試し価格としてこのお値段に設定しました。
 肉料理だけでなく、魚料理に添えたり、天ぷら、サラダ、スープにしたりと、どんな料理にも合い、その味はクレソン特有のくせがなく、いい香りで食べやすいのが特徴です。

その中でも地域の方のオススメは、滝の頭クレソンを使った湯豆腐です。
 一般的な湯豆腐に、大根おろしやネギなどの薬味、約2センチに切っておいたクレソン、メレンゲをのせてひと煮たちさせると、滝の頭クレソンの湯豆腐が完成します!
 見た目は、メレンゲをのせているため、ふわっと雲がのっているようです。
 こちらの上品な味わいの湯豆腐を、皆さんも是非、滝の頭クレソンで作ってみては!?
2011年4月掲載

ページ上部へ戻る