本文へスキップ

名物に触れる

中石地域のなまはげ行事

画像:中石地域のなまはげ行事

  12月31日、今年も大晦日がやってきたと、男鹿市の子供たちは心臓を跳ね上がらせながらその時を待ちます。
 
 大晦日、そして男鹿市と言えば、なんといっても「なまはげ行事」。毎年、中石地域でもなまはげ行事が行われます。
 行事は青年会が担い、自治会の皆さんは青年会のサポートへ回ります。
 
 なまはげ行事が行われる数日前に、なまはげが着る「ケラ」作りが行われますが、かつて青年会のメンバーであった自治会の皆さんは強力な助っ人です。青年会の皆さんは、自治会の皆さんに教わりながらケラを編み上げます。
 なまはげのケラは地域によって違いがあります。中石地域のケラは「腰巻き」「タスキ状」と数枚に分けて編まれますが、他の地域では1枚を長く編み、巻き付けるように着るところもあります。
 
 大晦日、青年会が扮する6匹のなまはげが3組に分かれて中石地域の各家々に現れます。組は「赤鬼」「青鬼」そして「荷っこ背負い(にっこしょい)」と呼ばれるお役目の方の3人で構成されます。
 「荷っこ背負い」は、なまはげの付き人で、家に入って良いかどうかの確認をしたり、なまはげが動けなくなったときに交代したりするなど、重要な役です。
「荷っこ背負い」という呼び名は、昔、家に来てくれたなまはげへのお礼にと餅を持たせた際に、付き人が大きな袋に餅を入れて背負って歩いたことから名付けられました。
 
 なまはげは、その恐ろしい姿から子供たちに恐れられていますが、各家々の「厄」をケラに付けて持っていってくれる神様の使いです。ケラから自然に取れた藁は、頭に巻き付けると「無病息災」や「頭が良くなる」という御利益があります。
 
 「悪い子いねが」「怠け者いねが」という言葉には、「親の言うことをきちんと聞きなさい」「初嫁は怠けないでしっかり働きなさい」という戒めの意味が含まれています。
ご高齢の方が住む家に訪問したなまはげは「まめでいだが(元気でいたか)、これからもまめでいろよ(元気でいろよ)」と労りの言葉をかけるなど、厳しさの中にも優しさが感じられます。
2014年2月21日掲載
 
【産地直送ブログ】
 

ページ上部へ戻る