本文へスキップ

産地直送ブログ

  • Home
  • 産地直送ブログ
  • 大晦日に向けて準備万端! 男鹿市・鮪川地域でナマハゲのケデ作りを行いました♪

大晦日に向けて準備万端! 男鹿市・鮪川地域でナマハゲのケデ作りを行いました♪

2017年12月27日

08鮪川のケデ作り

男鹿で大晦日といえば「ナマハゲ」行事です♪
ナマハゲ行事は、男鹿市内の集落ごとに行われていますが、
12月17日(日)、鮪川(しびかわ)地域で「ケデ」を編む作業が行われました。
鮪川自治会からの提供写真でご紹介します!

01藁がたくさんあります 02なまはげのけで作り

「ケデ」とは、なまはげが身にまとう、わらの衣装で、
住民が作ったケデを地域の若者が家々練り歩きます。
「ケラ」と呼ぶ地域もあるそうですよ。

03藁がたくさん

鮪川の会館の中には、わらがたくさん!  
まずは、わらの「シベ」取りからスタート!
シベとは わらの穂の芯(しん)のことです(^^)

04けでが出来上がってきた

矢印で示した、しめ縄のような長いのが「ケデ」で、
ナマハゲ1匹に3枚のケデを使います。
腰から肩にかけてぐるぐるとケデを巻いていくと……

10実際の大晦日のなまはげ

ナマハゲになります♪(上の写真は2010年の鮪川のナマハゲの様子)
過去のリポートに実際の鮪川のナマハゲが掲載されてるので、
ぜひご覧ください!
2010年 五里合・鮪川地域のナマハゲ行事リポート
鮪川地域のナマハゲ「ケデ」作りリポート

06みんなで和気藹々と作業が進みます 05けで作りもスピードアップ
 
ケデ作りには、鮪川自治会役員9人と
大晦日にナマハゲにふんする若者2人が参加しました。

07若者は先輩に教えてもらいながら作業

地域の先輩たちに教えてもらいながら作業します。
「そういえば子供時代は、クリスマスが近づくと楽しいはずなのに、
ナマハゲ(の日時)が近づいてくるから憂うつだったよ~」と、
話すお父さんもいましたね♪

ナマハゲが恐ろしくて押入などに隠れた子供たちが
成長してからナマハゲになるなんて、いいですよね~(^^)

09ケデが完成

2時間かけて、ナマハゲ2匹分のケデが完成しました!準備万端です♪

鮪川地域のナマハゲは、12月31日の18時に鮪川自治会館から
出発し各家々の練り歩きが始まります。
鮪川地域のナマハゲを見学してみたい方は下記までご連絡ください。
(ご希望があれば、ケデを着ることができるかも(要相談))
●連絡先:090-5595-4911(鮪川自治会・成田)

集落活動コーディネーターが
鮪川地域からナマハゲ👹のケデ作りをお届けしました!

●おまけ
ぶりこなます

こちらは5年前に、鮪川を訪問した際、ごちそうしてもらった「ぶりこなます」!
鮪川の漬物名人のお母さんたちが作ったもので、
ハタハタのブリコ入りの紅白なますです♪
大晦日にナマハゲをもてなす家々では「ナマハゲ膳」を用意するのですが、
鮪川では、この「ぶりこなます」を出すこともあるんだとか。

最近は食卓にブリコ入りのハタハタの登場回数が減ってしまい、
ぶりこなますを食べる機会も減っているそうですが、
鮪川に伝わってきた食文化、これからも食べていけますように♪

Author: | Category:03地域からの情報提供, 五里合・鮪川(しびかわ)地域


カレンダー
2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど