本文へスキップ

産地直送ブログ

鵜養「田んぼのすまこ」稲刈り体験が行われました!

2010年9月28日

9月26日(日)に秋田市鵜養地域で田んぼのすまこ」刈り取り体験が行われました。
コンバインで刈り取れない田んぼの隅の一角(秋田弁ですまこ、すまっこ、しまっこなどと言います)を使って
一般の方に刈り取り体験をしてもらいましょう!というものです。
当日は絶好の稲刈り日和!気持ちいいほどの秋晴れでした。

美しい稲穂にも勝るとも劣らない晴天です

 

今回参加したのは秋田市にお住まいの三家族。
佐藤金作さんの田んぼのすまっこを1時間半ほどかけて刈り取りました。

美しい稲穂にも勝るとも劣らない晴天です

 

 

 

村田さんご一家

村田さんママと娘さん村田さんご一家と佐藤金作さん

 「疲れました。昔は手で刈っていたなんて信じられない!」と語るのは、村田さんのご主人。
ご夫婦は北海道出身ですが、ご主人の転勤で仙台市から秋田市に越してきたそうです。
地元の北海道でも、秋田に来る前に住んでいた仙台でも田んぼを見る機会があまりなかったそうで、
秋田に越してきて初めて見た稲穂が垂れる風景に感動したといいます。

今回は「秋田に住むからには秋田でしかできないことを体験したい、それが娘さんの食育にもつながるはず!」と思い、参加したそうです。

県外出身の方が秋田に興味を持ってくれることは本当に嬉しいですね。
私たちが当たり前に感じている地域が持つ魅力……
県外の方にそれを気付かせてもらいました。

●  小柳さん一家

小柳さん親子小柳さん一家!素敵な笑顔をありがとうございます!

農家に憧れるという小柳さんのご主人。
豊作!豊作!」と言いながら、息子さんと仲良く楽しそうに刈っていました。
はじめはお父さんと一緒にやっていた息子さんですが、すぐに慣れてきた様子で
気が付くと一人でシュッ、シュッっと刈り取っていました。
農作業ができる男の子はカッコイイなぁ~!

 お母さんが子どもの頃、実家の目の前が田んぼで、よく田んぼで遊んだそうです。
自分が育った環境を子どもにも体験してもらいたいと話していました。

●  佐藤さん一家

小柳さんご一家佐藤さん親子

お母さんと娘さんは、娘さんが通う保育園の遠足で鵜養に来て以来、すっかり鵜養のファンになってしまったそうです。
佐藤さんご一家はなんと前日に他のイベントでも稲刈り体験をしてきたとか。
それが稲刈り初体験だったそうです。

「昨日も稲刈りしたなんて、体調は大丈夫ですか?疲れていませんか?」
と伺うと、
「昨日は疲れましたが、今日のためにしっかりと休息をとってきたので大丈夫です!」
と、気合十分のママ!!

 一度経験があっただけに、稲刈りのほうはすぐにコツをつかんだご様子。
しかし刈り取った稲を、束ねる作業が結構大変のよう。
 ママ「適当巻きです。先生、どうですか?」
金作さん「う~ん、まだまだだなァ。」

農作業は根気強く臨まないといけませんね。

 刈り取った稲はまとめて天日干しして終了です~。
稲を干す小柳くん天日干し 

 
皆さんはこの後地域散策をして、地域の方手作りの美味しいご飯や天然の川魚、新鮮なまいたけなどで昼食をとりました。

今回のイベントを主催した秋田市農林部農業農村振興課の斎藤さんは
「今後は地域あげてのイベントになるように、来年も継続していきたい」と話していました。

家族で農作業という貴重な思い出を作ってみてはどうでしょうか?
ぜひ来年の募集もチェックしてみてくださいね!

Author: | Category:07秋田エリア, 鵜養(うやしない)地域

湯沢市の若畑集落のみなさんと、奥宮山・登山にチャレンジ!

2010年9月28日

奥宮山から見た皆瀬や湯沢の風景

眼前に広がるのは、湯沢市皆瀬の風景。この日はあいにくの曇り空でしたが、
うっすらと奥に見える山々の稜線が奇麗。 どこから見た風景かというと…………?

奥宮山の看板

湯沢市・皆瀬にある標高760メートル・奥宮山から見た風景なんですよ~!

若畑から見る奥宮山

こちらが、湯沢市の若畑集落からみた奥宮山です。

取材でいつもお世話になっている若畑集落では、9月25日、社日祭りという女性たちのお祭りを行います。この日、若畑の男性陣は、集落の背後にそびえる奥宮山に登るそうです。
ここ10年近くは行っていなかった奥宮山登山ですが、今年再開するということで、取材班も同行させてもらいました。………足手まといになる予感(涙)

美しいブナ林まだまだ序の口

若畑の子供たちにとって、この奥宮山は、かっこうの遊び場。
ブナやナラの広葉樹林に囲まれた自然豊かな山です。
小さい時から登り慣れた山なので、みなさんにとっては、ごくごく「普通の山」なんですが…
道中は、木の枝をしっかりつかまないと、ずるずる落ちていってしまったり、
木の根っこを階段代わりに足場を確保したりと…気軽に登れる山ではありません。
この山を「ひょいひょい~」と笑顔で登っていく若畑のみなさん…すごい!

ちなみに、岩を登ったり、木々をかき分けたりと、凄い場所はたくさんあったのですが
カメラに収めれなかったのはご了承ください…
「え~!えぇ~!!!(ここを歩くの~!)」
としか声が出ないいくつもの難所も、おじさんたちの手助けで無事登頂に成功。

奥宮山の山頂の図表奥宮山の山頂

標高760mにある図根です。
ちゃんと登頂した記念に、図根をカットにおさめ、若畑のみなさんの記念撮影。

とよあんこさん

ちなみにこの時点で取材メンバーは、リュックサックを地元の方に背負ってもらいました(涙)。
「とよあんこ」の愛称で、若畑のみなさんに呼ばれている齋藤豊市さん。
「あんこ」とは「お兄さん」の意味なんです。
2人分のリュックを背負いながら、余裕の笑顔のとよあんこさんにナビゲートしてもらいました。

奥宮山から見える若畑集落

「この山を登りきれば、これからの人生、どんなことがあっても、乗り越えられるよ」
と話してくれたのは、若畑集落の佐藤秀男さんと佐藤喜栄治さん。
下山途中に広がるこの景色を見ながら、言葉の意味を改めて実感できました。
行きは、怖くて怖くて仕方なかった山の風景。
同じ道を引き返して下山する帰り道……確かに見える風景が違って見えました。

広く険しい山の中で、小さな自分を動かせるのは、自分だけ。
じっと立ち止まっているだけでは、恐怖は立ち去ってくれません。
一歩一歩、前に踏み出す喜びを感じとることができました。

そして助けてくれる人々の存在があったからこそ、この気持ちを実感できるんだなぁ~と
若畑の山の男たちと、奥宮山から、たくさんのものを学んできた1日でした。
神社前にて休憩

若畑のみなさん!ありがとうございました~!

Author: | Category:11雄勝エリア, 若畑地域

八木沢、地域おこし協力隊のみなさんが稲刈りを行いました!

2010年9月27日

上小阿仁村八木沢(やぎさわ)地域で行われた、
地域おこし協力隊の桝本さんと水原さんの稲刈りの様子をお伝えします!
9月19日、小雨の降る中ですが、春に協力隊のみなさんが復活させた田んぼで、
バインダーによる稲刈りが行われました。

水原さん稲刈り中

バインダーでの稲刈りでは、コンバインと違い、脱穀をせずに稲を束ねていきます。
エンジン音と共に、ばちん! ばちん! と、バインダーが稲を束ねて行く音が山間に響きました。
それと並行しての鎌を使った刈り取り、機械では入り込みづらい場所や、
方向転換の場所などを作っていきます。いわゆる「すまっこ(隅っこ)刈り」ですね。
画像 106画像 108

この日は、新潟から桝本さんの後輩と、その子どもさんたちも手伝いに!
もちろん、八木沢地域のみなさんも手伝いに来てくれています!

手伝いのみなさん

さらには! 報道陣の方々も!

お昼過ぎには、刈り取りは終わったのですが、これからが大変です!

はさがけ

刈り取った稲束を、「はさ」と呼ばれる柵に掛ける、「はさがけ」をしなければならないのですが、
水を吸って重くなった稲束を運ばなければなりません!

稲束運び中稲束運び中その2

これがものすごい量です!
結局、丸一日かけて、運び出すことができました。

みなさん、本当にお疲れ様でした!

画像 125

きっと美味しいお米に!

Author: | Category:05北秋田エリア, 八木沢地域

元気ムラで出会った人々 VOL.03 ~堀回コミュニティのお母さんたち~

2010年9月22日

元西小学校の子育てイベントで堀回コミュニティの取材を終えたあと、
元西総合センターで行われたコミュニティの懇親会にお邪魔した取材班。
そこで見たものはこれ!

堀回の郷土料理

堀回の郷土料理です!
「ほおのはまんま」「いものこ団子」「冷や汁」ご存じですか~!
堀回コミュニティのみなさんにお願いして作ってもらいました。
近々登場する「堀回」ムラページで詳しく紹介しますのでお楽しみに~!

ちょっとネタばらしですが、ほおのはまんまは…

ほおのはまんま01

ほおのはまんま02

hoonoha

こうやって開くと出てきます。
昔の料理とはいえ、食べてみると美味しい上に、新しい「味」の発見に驚きます。

堀回のお母さんたち

堀回コミュニティの打ち上げで出された郷土料理の数々をみて、
みなさん「おぉ~これだよこれ!」と話題に花が咲いていました。
堀回のお母さんたちの手料理に、お腹も満腹!感謝の心でいっぱいです。
ありがとうございました~!

Author: | Category:11雄勝エリア, 元気なムラ人, 堀回地域

羽後町に「尾木ママ」登場。親と教師と地域みんなで考える講演会が開催されました。

2010年9月22日

堀回コミュニティ推進委員会が主催する「親と教師と地域みんなで考える講演会」が
9月19日、羽後町の元西小学校で開催されました。

子育てイベントの様子

全国的に社会問題となっている少子化対策に地域がどう取り組んでいけばよいのか?
それを皆で考えるきっかけの場をと堀回コミュニティ推進委員会が企画したイベントです。
テレビですっかりおなじみ・教育評論家の尾木直樹先生、通称「尾木ママ」を招いての講演会には、
元西小学校の体育館をいっぱいにする観衆が詰めかけました。

尾木ママ

羽後高等学校の郷土芸能部による仙道番楽や西馬音内盆踊りが行われた後に、
尾木ママは登場。独特の口調で冗談を交えながら
「ふるさとの未来をひらく楽しい子育ての魔法」と題して、
現在の日本教育の問題点や突破口を具体的な事例を用いて解説してくれました。

観衆の様子

堀回コミュニティの新しいチャレンジとなった、少子化について考えるこのイベント。
託児所も設けられ、大きな混乱もなく無事終了しました。
大忙しだった堀回コミュニティのみなさん、お疲れ様でした!

Author: | Category:11雄勝エリア, 堀回地域

根城豊作相撲に行ってきました。

2010年9月21日

根城豊作相撲_初切藤里町の米田地域で古くから行われている行事があります。
秋の豊作に感謝し、神様の前で相撲を取る、それが城豊作相撲です。
※根城とは、米田と呼ばれるようになる以前のこの地域の呼び名です。

当初は獅子舞などの踊りが披露される行事だったのが、明治35年頃から相撲に変わったのだそうです。
それでも100年以上続いているのですから、長い歴史を持つ行事ですね。

 

 9月19日。
天気は朝からあいにくの雨。気温もだいぶ冷え込み、すっかり秋になりました。

にもかかわらず、地域の皆さんは各自準備を整えて、相撲が始まるのを今や遅しと待っているご様子。
それだけで、この相撲が地域の皆さんに愛されているのだと分かります。

子供相撲

午前中は子供たちの取り組みです。
毎年全国大会に出場している子や、体格のしっかりした子、俊敏な子など、
子供と言えど、そこらへんの大人相手なら飛ばされるかも・・・
という位の力強さでした。

観客

観客の皆さんも、とても楽しそうです。

今年から土俵が新しくなり、以前は旧米田小学校校舎を利用していた力士待機部屋も新設されました。
そしてもう一つ、新たに加わったのが親子相撲です。

親子相撲

体の大きなお父さんに小さな子どもたちが向かっていく光景は、
微笑ましくもあり、とても大事な事のようにも感じられました。
お父さんと相撲を取るなんて、なかなかできる経験じゃないですよね。
うらやましい…。

  

 大人相撲

午後からはいよいよ大人達の戦いです!
東西に分かれ、大関、小結、前頭など、それぞれにしこ名が決められ、
腕に記されています。

大人の取り組みは、さすがに迫力があります。
体がぶつかる度に聞こえる鈍い音。
根城豊作相撲の青年同好会は、この日の為に
2週間前から毎晩練習してきたということですから、
各自の力を思う存分発揮しているのでしょう…

でも、ところどころにちょっとしたネタも取り入れられていて、
相手の背中をバッチンバッチン平手打ちしたり、
力水を汲む柄杓を背中に忍ばせていたり。

お客さんも笑いながら応援していました。
大相撲の巡業を参考にしているということなので、
エンターテイメント性も十分にあります。

 

 根城豊作相撲は、神様に感謝の気持ちを表す行事ですが、
この相撲を通じて、親子のつながり、地域のつながりが深くなっているように思いました。

まわしが余っている時は飛び入り参加も認められるようですので、
興味のある方は、来年の秋に、お子さんと一緒にぜひどうぞ!

Author: | Category:06山本エリア, 米田地域

元気ムラで出会った人々 VOL.02 ~山田地域づくり協議会のみなさん~

2010年9月21日

山田集落の地域づくり協議会のみなさん

能代市・常盤の「大柄の滝祭り」で再会したのは、昨年度、取材班がすっかりお世話になった
大館市・山田地域の「山田地域づくり協議会」の浅利会長に赤坂さん、藤嶋さんです

昨年、山田で開催した「山田菜発見市」を視察した大柄自治会長の佐々木さんと交流のあった山田のみなさん。
大柄自治会のチャレンジを視察に来られて、山田のみなさんも多いに刺激を受けたようです。
今年はきのこ部会を立ち上げ、研究に取り組む山田集落。
会長の浅利さんは、大柄で椎茸の原木が売られている様子を興味深そうにチェックしてました。

そうそう!大柄と山田の大きな共通点がこれ!

大柄自治会の元気な黄色のジャンパー山田集落の黄色いはっぴ

元気で活発な黄色って力強くていいですよね~。
大柄自治会の新たなチャレンジ「大柄の滝祭り」は雨にも負けず、盛況の中行われました!
そして、今年2年目を迎える山田菜発見市は10月に開催予定です!

大柄と山田の強力タッグ

今後も続く大柄と山田のチャレンジ、ぜひみなさんチェックしてくださいね!

Author: | Category:05北秋田エリア, 06山本エリア, 元気なムラ人, 山田地域, 常盤地域

大柄自治会の新たなチャレンジ!能代市・常盤の「大柄の滝祭り」に参加してきました!

2010年9月21日

能代市・常盤地域に「大柄の滝」という、菅江真澄も訪れた景勝地があるのをご存じですか?

大柄の滝

その大柄の滝がある地元・大柄自治会は、
平成22年度の秋田県元気なムラづくり“チャレンジ”事業の採択団体のひとつです。
壊れていた滝への階段を、今年に入ってから修復し、一般の人々にも見てもらえるよう、
大柄自治会のみなさんが準備を進めてきました。

9月19日行われた、大柄自治会のチャレンジの結晶「大柄の滝祭り」に参加してきましたよ~!
お祭りでは「大柄の滝見学会」を企画していたんですが………あいにくの雨。

大柄の滝への階段滝への階段の入口

この赤い階段が、大柄の滝への入口です。残念ながら、この日は危険なので下までは降りませんでしたが、滝だけでなく、この階段も大柄の一つの見どころ。次は、天気の良い日に万全の体制で滝へチャレンジしてみますね~。

大柄自治会のジャンパー開会式の様子

さて、雨の中始まった「大柄の滝祭り」。
大柄の人々はこの程度の雨には負けませんよ~。
常盤小学校の児童によるアトラクションを始め、イワナつかみどり、地元特産品の販売と、イベント目白押し。

イワナつかみどり会場

当日のこのイワナのつかみどりを見れば、大柄の人々の元気なパワーは一目瞭然。
子供たちに大人気だったイワナ、取材班も美味しくいただきました~。

大人気のイワナ料理・だまこ餅

一番人気はダントツでイワナ。大柄のお母さんたちのだまこ鍋が続いて人気でした。

蛍火シリーズミルキークィーンダチョウの卵椎茸

こちらは、特産品づくしの生鮮食品のコーナー。み~んな大柄産です!
あきたこまち天日干し米「蛍火こまち米」に、地元酒造会社と提携した特別純米・蛍火こまちは
大柄自治会が取り組もうとしている新たなブランド品。
地元農家さんのミルキークィーンも珍しい一品ですね。
椎茸の原木もあれば、ダチョウの卵もありました!地元ではダチョウを飼ってらっしゃる方もいるんです。

お祭りのために飾られたお花大柄集落の丸太イス

こちらは、お祭りのお客をもてなすために、ガードレールに飾ったお花と、休憩用の丸太イス。
手作り感あふれるこの大柄の滝祭りは、昨年度の10月、自治会長さんの佐々木初朗さんが、
大館市・山田集落の「山田菜発見市」を訪れた時から、構想を練り始めました。

大柄自治会の佐々木会長

佐々木初朗さんは、「いろんな心配はあったけど、若い人を始め、みんなが頑張ってくれたおかげで開催できました。大柄集落の3倍くらいの人が来てくれたかな~(笑)
みんなが、これだけ応援してくれたことが何よりも嬉しいです」

大柄自治会を始め、お隣の山谷集落や常盤里づくり協議会への感謝の言葉で締めくくった佐々木さんでした。

IMG_6323

みなさん雨の中、本当にお疲れ様でした~!
大柄自治会のチャレンジ「大柄の滝祭り」レポートでした!

Author: | Category:06山本エリア, 常盤地域

元気ムラで出会った人々 VOL.01 ~堀回の石垣酒店さん~

2010年9月16日

 堀回の石垣酒店さん

羽後町・堀回地域の西馬音内川沿いにある、1軒の商店「石垣酒店」のご夫妻です。
取材中、ノドを潤したくて、ふと立ち寄らせていただいたのですが、堀回の昔話をいろいろと聞かせていただきました~。

明治時代から続いているという石垣商店さんは、堀回の歴史を見続けてきました。
羽後交通雄勝線の終着駅である梺駅に運ばれてくる荷物、
仙道、田代や笹子方面から峠を越えて、一休憩に石垣商店に立ち寄る人々。
地元の商店だからこそ分かるお話を聞かせていただきました。

外観は普通の石垣酒店さんですが、そこはさすが史跡の里・堀回!
とっても落ち着いた、雰囲気のある昔の建物が残っているんです。
いきなりお邪魔したというのに、採りたての野菜まで頂いてしまいました。
ご夫妻の人柄に感謝感激です。

今後も取材先で出会った人々をレポートしていきます~。

Author: | Category:11雄勝エリア, 元気なムラ人, 堀回地域

羽後町・堀回で「親と教師と地域みんなで考える講演会」が開催されます!

2010年9月15日

1_438_6

元気ムラの取材でお世話になっている、羽後町の堀回コミュニティ推進委員会さんが主催する
「親と教師と地域みんなで考える講演会」が9月18日に開催されます!

少子化問題は、日本が抱える大きな問題のひとつ。
この問題を地域の人々がみんなで考える機会になればと
堀回コミュニティ推進委員会さんが取り組んできたイベントです!

講師は、みなさんも、テレビで既にご存じでしょう。
「尾木ママ」こと教育評論家で法政大学教授の尾木直樹先生です!
入場料は無料。ぜひお誘い合わせの上、ご参加ください!
詳細はこちらから。

【日  時】 : 平成22年9月18日(土)午後1時~3時
【場  所】 : 羽後町立元西小学校体育館
【内  容】 : ①オープニング「ふるさとよ よみがえれ」 秋田県立羽後高等学校郷土芸能部
         ②公演「ふるさとの未来をひらくたのしい子育ての魔法」 尾木直樹先生

Author: | Category:01お知らせ, 11雄勝エリア, 堀回地域

カレンダー
2010年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど