本文へスキップ

産地直送ブログ

湯沢市・若畑(わかはた)集落の「鹿島様」

2010年4月26日

 狭い山道の峠を越えると、一気に視界が開き、そこに広がるのは…

雪解けがこれからの若畑集落

若畑(わかはた)集落です!

集落の姿が目の前に現れると、思わず「おぉ~!!」と声を上げてしまいます。
空が本当に近くて、集落全体が明るいんですよ~。

今回の取材対象である湯沢市の若畑集落。
あきた元気ムラの元祖(?)といっても過言ではない集落です。

若畑集落の玄関・元気村の看板

集落入口ですでに力強く「元気村」宣言。入口から「元気」な雰囲気が漂ってますね。

若畑集落は秋田県湯沢市の旧皆瀬村に位置する構成戸数10戸の小さな集落です。

しかし「小さい=弱い」に決してあらず。

若畑集落は「小さい若畑 大きい団結」をキャッチフレーズに元気なムラづくりを展開しています。
『みんな頼むど~!』と声をかければ、すぐに公民館に集まってくるそうです。

若畑の山菜の漬物

公民館では若畑のお母さん達の漬物を頂きました。
「ちょろぎ」に「ミズのコブ」、全部若畑で採れたものです。上品な味わいで食べやすいですよ。

佐藤秀男さんほころぶ佐藤秀男さん

この日、集落を案内していただいた若畑部落の会長・佐藤秀男さん
元気な証拠は、何よりもそこに住む人々の笑顔が証明していますね~。集落をバックにい~い笑顔です。

佐藤さんが案内してくれたのは、若畑の守り神「鹿島様」。
同じ湯沢市の岩崎地区の鹿島様は4メートルにもなる大きな道阻神で有名ですね。
さて若畑の鹿島様はどんな姿かしら…?

若畑の鹿島様
「!」

若畑集落を守る鹿島様
小さくて…かわいいですね~。
(神様に失礼かしら?)
しかし、小さくてもちゃんと兜をかぶり刀を備えた神様。しっかり集落を守ってくれてます。
若畑では4月、7月、11月の年3回、鹿島様の付け替え作業を行うそうです。

若畑のばっけ(ふきのとう)

鹿島様の足元には土の中から顔を出したばかりのばっけ(ふきのとう)が。
「小さくても元気でたくましい!」が若畑のキーワードになりそうです。

若畑の春はこれからが本番ですよ~。

Author: | Category:11雄勝エリア, 若畑地域

余目地域「さくら花火観賞会」に行ってきました

2010年4月26日

4月24日(土)に大仙市余目地域、余目公園にて「第6回さくら花火観賞会」が行われました。
余目公園は高台上に広がる運動公園です。余目地域を一望できる絶好のビュースポットでもあります。
敷地内に植えられた200本の桜は、まだつぼみの状態でした。
つぼみ

これらが満開だったら感動するべな~♪と、公園上の小高い山から一望して思ったり。

イベントは15時から、余目地域を盛り上げるアーティストたちにより「フォークと歌謡ショー」でスタートしました。

IMG_2277

夕暮れ

夕暮れのコントラストにも、うっとりです。

そして19時を迎え・・・
お待たせいたしました!花火の打ち上げスタートです!
花火花火花火2

打ち上がると同時に、お客さんから歓声が上がります。
地域のお祭りでもこのクオリティとは、さすが花火の街大曲ですね。
そうして約一時間、1,000発の花火が余目の夜を彩りました。

出店では主婦の方々をはじめ、地域の方々が大活躍!
手作りのおやきや、特産「ほたる米」のおにぎり、豚汁などが振舞われました。

奥様がた

その中でもご紹介したいのが、特産のそば粉を使用した「余目さくらそば」。
余目そば

そばの味もさることながら、実はこの器、桜の木で出来ているというから驚きです!
余目在住の早川敏夫さんの作品です。
桜工芸品・早川さん

工芸品製作が趣味という早川さん。
「さくら花火観賞会」にちなんで、桜の古木の器を作ったそうです。
木目もオシャレですよね!手作りとは思えないほど素敵なデザインでした~。

余目地域のみなさん、ありがとうございました!

観桜会は5月2日(日)まで開催しています。是非足を運んでみてください。
今はつぼみの桜も、ゴールデンウィークには満開かもしれませんね!

Author: | Category:09仙北エリア, 余目地域

八木沢(やぎさわ)集落で「噂」の2人に会ってきました!

2010年4月19日

取材チームが4月17日に訪れたのは上小阿仁村の八木沢(やぎさわ)集落。
八木沢集落は、五城目町方面から国道285号線を北上、国道から県道129号線に右折し、
萩形(はぎなり)ダム方面へ進んだ場所にある、山々の懐に抱かれた集落です。

八木沢のふきのとう

八木沢の足元にも小さな春が芽吹いています。

さて、最近この八木沢集落とセットで聞かれる「地域おこし協力隊員」が今回の取材のキーワード。テレビや新聞でご存知の方も多いはずです。
取材チームは2009年11月から八木沢集落で、隊員として働いている桝本杉人さんと水原聡一郎さんのお二人にお会いしてきました。

八木沢の協力隊員の二人

左が水原隊員、右が桝本隊員。

この日、実は2人は休日。早朝の訪問にも関わらず笑顔で迎えてくれました。
うぅっ…ありがとうございます~。

住居兼仕事場としてお二方が使用している八木沢公民館と集落内を案内していただきました。
元々は八木沢集落の小学校だった公民館。館内のあちこちに学校時代の面影が残っています。

入口

職員室2

八木沢公民館の隊員たちの仕事場

この部屋は八木沢公民館が学校だった頃、職員室として使用されていました。先生たちが使っていた懐かしい木造の机は、今は隊員のお二人の仕事机です。
※カメラを向けると必ずふざける枡本隊員。

番楽の龍

これは地域に伝わる八木沢番楽で使用する「龍」。
ここ何十年と休止していた八木沢番楽ですが、復活に向けて隊員のお二人も活動している最中です。
どんな形で八木沢番楽が見れるのか、今から楽しみです!

八木沢番楽に使用されたお面 
公民館の廊下には、八木沢番楽の面も飾られていますね。…ちょっと夜だと怖くないですか?
しかし隊員たちのコメントは…

廊下

桝本隊員「幽霊もウェルカムです!」
水原隊員「むしろ出て欲しいよね」

……さすが地域おこし協力隊員。頼もしい!

水原失敗

最後に隊員のツーショットを収めようと、取材チームがカメラを向けると…
うーん水原隊員、目をつむっちゃいました。「もう一度!」とシャッターを切ると…

枡本失敗

…枡本さん、わざとですね。

今後はお2人と共に、八木沢集落の人々の笑顔をカメラに収めていきますよ!
桝本隊員、水原隊員、お休みのところ、ありがとうございました!

Author: | Category:05北秋田エリア, 八木沢地域

4月24日オープン!馬場目杉沢地域の農家レストラン「清流の森」に行ってきました

2010年4月14日

取材に飛び回っていると、あちこちにばっけ(ふきのとう)の花が見受けられるようになりました。
本日の最高気温18℃。秋田県もすっかり春めいてきましたね!

この時期に一段と魅力が増す清流の町、馬場目・杉沢地域。
今月24日、茅葺屋根の宿泊施設「盆城庵」の隣に農家レストラン「清流の森」がオープンします。

外観

我々取材チームは、オープンを間近に控え一足先に行われた試食会におじゃましてきました。

この周辺の山で収穫できる山菜は、ばっけ(ふきのとう)、ぜんまい、みず、さしどり、芽かんぞなど種類も豊富。
それらをふんだんに使用した山菜、野菜料理がメインになっています。

こちらはこごみ。
こごみ

秋田弁で「み」は、「み」と「め」のどちらともとれるような発音をするので、地域の方々も「こごめ?こごみ?あれ~っ、正確な名前なんだっけ?」と迷ったり。

そんな“こごみ”も、
炊き込む

おかあさんの手にかかると…
たきこみ

ほっこり温かい炊き込みご飯に!!!お、おいしそう!!

こちらの「ばっけ(ふきのとう)」も
ふきのとう

天ぷら調理

ばっけ

花が咲きました!

そしてこちらが、試作段階の定食メニューになります。実際にはコーヒーも付くそうです。
左上から行者ニンニク炒め、山菜の天ぷら、ゼンマイと人参の白和え、中央はみがきニシンと山菜の煮物。
味噌汁にはあざみとサワモダシが使われています。
定食メニュー

試食会には清流の会会員の方々も参加していました。
試食する清流の会の方々

食事中も調理場から度々お母さんがたがやってきて、揚げたての天ぷらをお皿に乗せていってくれました。
地産地消の山菜のフルコースとは贅沢ですね。

山菜料理の中でも特に好評だったこちらが
山ワサビとろろ昆布

山わさびととろろ昆布の和え物。
醤油とみりんのあまじょっぱさに加えて、噛んだときにツ~ンと鼻に抜けるワサビの辛さがやみつきになります。
ご飯のお供にも、酒の肴にも相性抜群!個人的に通信販売をお願いしたいくらいです~!

どうですか?農家レストラン「清流の森」。どれもおいしそうですよね!
清流の森では、その時々の旬な食材提供にこだわっているため、時期によって料理の内容が変わります。
何度訪れても毎回違った味を楽しめるというのも魅力的ですね!
農山村ならではの食材に、地元特有の味付けは、他では味わえませんよ~!
皆さんもネコバリ岩や三平の家をまわって、山菜料理でお腹を満たし、馬場目杉沢地域を存分に堪能してみてはいかがでしょうか。

ご利用の際は、事前予約をしてからお越しください。オープンが待ち遠しいです。

農家レストラン「清流の森」 
【 住   所 】  五城目町馬場目字蛇喰27
【 アクセス 】  五城目町役場から県道15号線経由、車で約30分
【開館時間】  8:30~17:00 (食事提供は11:00~15:00)
【 定 休 日 】  木曜日
【 連 絡 先 】  五城目町役場産業課 (Tel 018-852-5222)

Author: | Category:07秋田エリア, 馬場目杉沢地域

大仙市余目(あまるめ)に行ってきました

2010年4月13日

 秋田自動車道大曲インターを降りてすぐ、仙北平野と出羽丘陵が入り交じるこのあたりに大仙市余目の5つの集落が広がっています。
 余目は、律令の戸籍に「余部(あまるべ)」という呼び名で記録が残されています。律令の基本単位である「里(り)」は50戸ごとに置かれましたが、当時のこのあたりの戸数が50に届かなかったため“あまるべ”と呼ばれたとのこと。いずれにしろ、律令以来の歴史を地域の皆さんはとても大切に、そして誇りにされています。

余目公園の桜。まだまだ堅い握り拳

余目公園の桜。まだまだ堅い握り拳

 余目地域の真ん中にある小高い丘の上にあるのが、余目公園。桜の名所として知られ、今年は4月20日から5月2日まで桜まつりが行われます。4月24日(土)午後7時からは、1000発の花火による「余目さくら花火観賞会」も開かれます。

余目・ホタル公園で飼育されているポニー

余目・ホタル公園で飼育されているポニー

 余目地域のもう一つのシンボルであるホタル公園では、マスコットのポニーが1頭飼育されています。現在、子どもたちを乗せて散歩できるよう特訓中だそうです。早く暖かくなって外を歩き回りたい、とつぶらな瞳が訴えていました。

Author: | Category:09仙北エリア, 余目地域

元気ムラサイトのブログスタート

2010年4月6日

あきた元気ムラサイトのオープンに伴い、ブログを始めることになりました。今後、秋田県内の元気な農山漁村集落をどんどん紹介して行きますので、どうぞよろしくお願いします。

Author: | Category:01お知らせ

カレンダー
2010年4月
    5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど