本文へスキップ

地域について

地域のあらましと歴史

 小野地域は、JR奥羽本線横堀駅の東北部に位置し、南は秋の宮地域を経て宮城県に、西は院内地域を経て山形県と接しています。
 小野地域には、小野小町(おののこまち)にまつわる数々の伝説が残されており、小町ゆかりの地とされる名所旧跡には、伝説について解説した案内板も建てられており、気軽に小町伝承の跡をたどることができます。
 毎年6月の第二土曜日と日曜日の2日間は小町堂を会場に、小町まつりが開催されます。湯沢市内から選ばれた7人の小町娘が、平安時代の衣装に身をつつみ、小野小町が詠んだ七首の和歌を奉納します。
 小野地域づくり協議会は、小野地域の活性化と住民主体のまちづくりを支援するために組織されました。小野地区にある18の町内会によって構成され、地域のことは地域でをモットーに「夢・魅力づくり部会」、「暮らし・環境づくり部会」、「総務・広報部会」の3部会体制で、新しい事業にチャレンジしています。


※人口・世帯数は平成27年2月28日現在のものです。

お知らせ