本文へスキップ

地域について

地域のあらましと歴史

 松館集落は、鹿角市の南西部、八幡平地区に属し、この周辺を南北に流れる米代川の西岸の高台に位置しています。
 古くから尾去沢鉱山の鉱石を運搬する交通の要衝でもあり、これに関わり生計を成す者も少なくなかったようです。
 その影響か先進的な地域でもあり、一方では伝統を尊重してきた地域でもあります。
 他の地域では失われた神仏に関する年中行事が幾つも受け継がれています。その中でも松館天満宮三台山獅子大権現舞は古くから続く権現舞で、その起源は、正安二年(1300年)とも治安二年(1022年)とも言われています。 
 この地域の名産品に「松館しぼり大根」があります。松館集落「野月」と呼ばれる台地の土壌でしか、この独特の味が出せない「松舘しぼり大根」は、一般的な大根よりも水分が多く、かなり小柄な印象をうけます。辛味にばらつきがあった地場産のものを、農業試験場で品種改良を重ねて完成されました。
 この「野月」と呼ばれる台地に隣接するグラウンドは、景観モデル地域支援事業に採択され、自治会の天神会(老人クラブ)がベニヤマザクラを植樹し、大事に守り育てています。
 松館では、住民一体となって地域行事を続ける活動を行っています。

※人口・世帯数は平成27年2月28日現在のものです。