本文へスキップ

地域について

能代市上町(かみまち)  人口:119 人 世帯数:55 世帯

  • 能代市内外の団体によって開催する「のしろまち灯り」
  • 上町のレンタルスペースで開催している「日曜朝市」
  • 「のしろまち灯り」の蝋燭づくり
  • 上町とサンピノの両自治会で開催した防災セミナー
  • 能代の冬を明るく彩る「のしろまち灯り・冬」

北秋田市根子地域の記事

名物に触れる

食を楽しむ

語りを聞く

地域のあらましと歴史

 上町地域は、能代市の中心部に位置し、地域内には能代市役所があり、商店や病院が多いのが特徴です。この状況を活用して段ボール、ペットボトルなどの資源ゴミを自治会がまとめて収入源とし、資源ゴミで得た収入から花の苗を購入して、街なかの美化活動に役立てています。現在、55世帯が暮らす上町地域は「街なか」の自治会が抱える課題に取り組んでいます。能代市・常盤地域のNPO法人「常盤ときめき隊」と一緒に上町で開催する「日曜朝市」は、車を持たない高齢者に好評で、毎回、短時間で売り切れとなってしまう人気ぶりです。
 能代市は「宇宙のまち」とも呼ばれています。毎年能代市で開催される「能代宇宙イベント」には全国の大学・高校生たちが集まることから、上町自治会の女性部でつくる「上町すみれ会」が学生に食事の差し入れをしたり、ロケット制作の会場を提供したりするなど、交流を活発に行っています。この他、「のしろ白神ネットワーク」が主催するイベント「のしろまち灯り(年2回)」の冬会場にもなっており、市内外の団体と連携することで市街地のにぎわいづくりに取り組んでいます。
 平成17年には、自治会で自主防災組織を立ち上げました。地域を8ブロックに分け「防災責任者」と「情報伝達員」を配置。さらに災害時に一人暮らしの高齢者などの支援が必要となる家や、日中は留守にしている家などの情報をまとめた防災マップも作成しています。近隣自治会と共に防災セミナーを開催するなど、防災と合わせた地域コミュニティの活性化活動が評価され、平成25年度、秋田県優良自主防災組織として表彰されました。

※人口・世帯数は平成27年3月30日現在のものです。

お知らせ