本文へスキップ

ブンカDEゲンキ あきた文化情報サイト

文字サイズ
縮小
標準
拡大

アトリオン三角ギャラリー作品紹介 大森興二さんの「ママが造ってくれた布袋」

※このイベントは既に終了しました。

お気に入りイベントに登録

アトリオン1F三角ギャラリーに、大森興二さんの「ママが造ってくれた布袋」を展示中です。素材がコンクリートとは思えないこの作品は、色味のある石を混ぜ込んだコンクリートを磨き上げ、温かみ、柔らかさを表現しています。スポットライトに浮き上がる、顔の表情にもご注目ください。

三角ギャラリーはショーウィンドウのためガラスで囲まれています。ガラスに映る館内のライトや窓の明かりは、本来作品の鑑賞に邪魔なものです。しかし、今回はちょっとした演出をしてくれました。並んだ蛍光灯がまっすぐに奥へ延び、遠近感を出していますね。すっくと立った男の子はまるで夜のプラットフォームで電車を待っているみたいです。「ママが造ってくれた布袋」に夢と希望を詰め込んで、銀河鉄道に乗るのかな。

飾る場所、飾り方で作品の感じ方はどんどん変わっていきます。もちろん彫刻は見る方向によっても雰囲気が全然違います。アトリオンではぜひ視点を変えながら見てください。展示は2015年4月末までの予定です。 

大森興二ママが造ってくれた布袋

 大森興二/ママが造ってくれた布袋

■開催場所:アトリオン1階 三角ギャラリー(秋田市中通2丁目3−8)

開催地 秋田市
ジャンル 美術 

前のページへ戻る