仕事と育児・家庭の両立支援

両立支援の取組紹介 / 内閣府表彰

むつみ造園土木株式会社が「内閣府特命担当大臣表彰」を受賞しました!

2018.11.28

 平成30年11月28日(水)、むつみ造園土木株式会社(秋田市)の佐々木 創太代表取締役、倉部 清彦常務取締役が来庁し、「平成30年度子供と家族・若者応援団表彰」の内閣府特命担当大臣表彰を受賞したことを、堀井副知事へ報告してくださいました。

  
           ~受賞報告を行う佐々木代表取締役~

 この表彰は子供・若者を育成支援する活動及び子育てと子育てを担う家族を支援する活動に取り組み、すばらしい功績のあった企業、団体等に贈られるものです。

  
                ~表彰状・盾~

 受賞報告にあたり、佐々木代表取締役からは、「当社では、ワーク・ライフ・バランスを図りつつキャリアップできるような支援制度の整備により、従業員の仕事と家庭の両立支援に取り組んでいる。また、サマーキャンプ等地域の子どもたちや住民が交流するイベントづくりを行っており、長年の活動が評価されたと考えている。今後も継続して取り組んでいきたい。」とお話しいただきました。

 むつみ造園土木株式会社は、「復職後の取扱い」を原則休業直前の部署及び職務とすることや、「資格取得支援」により休業中に資格を取得し、復職後に資格を活かして活躍する従業員もいるなど、従業員のライフスタイルや価値観を認識し、仕事と子育てを両立しやすい職場環境づくりに取り組んでいるほか、幅広い年齢層を対象とする行事を開催し、従業員と地域住民の交流を図るとともに、企業の活動への理解促進も行っており、多彩な角度からの仕事と育児・家庭の両立支援の取り組みのモデルとなっています。

 なお、むつみ造園土木株式会社は、平成25年8月に次世代育成支援対策推進法に基づく「子育てサポート企業」として認定されています。
 (県内10例目で、建設業企業としては2例目の認定)

 ▼むつみ造園土木株式会社の取組はこちらからご覧になることができます
  (※脱少子化モデル企業の取組-YouTube

 ▼子どもと家族・若者応援団表彰についてはこちら
  (※内閣府 平成30年度「子供と家族・若者応援団表彰」について)

 ▼次世代育成支援対策推進法に基づく認定(くるみんマーク)についてはこちら
  (※厚生労働省 くるみんマーク・プラチナくるみんマークについて)

関連情報