県民会議

県民会議の開催等

平成27年第1回ベビーウェーブ・アクションを開催しました

2015.08.20

 6月1日(月)、ルポールみずほ(秋田市)で「第1回脱少子化ウェーブを巻き起こす行動県民会議(ベビーウェーブ・アクション)」が開催され、「ベビーウェーブ・アクション行動宣言」に基づく各会員のこれまでの取組と今後の計画や秋田版「人口ビジョン」と「総合戦略」について意見交換が行われました。

 はじめの各会員の取組事例紹介では、若者の県内定着に向けた取組や仕事と育児・家庭の両立を支援するための社内での取組などについて、各会員から発表していただいたほか、昨年大館市で「農業婚活シンデレラバスツアー」を主催した大館市まるごと体験推進協議会の方から、ツアーの詳細や成果についてご紹介いただきました。

 

 
 

 続いて、秋田版「人口ビジョン」や「総合戦略」についての意見交換が行われ、女性が働きやすい環境づくりや男性の家事・育児への参加の推進、子どもや親・妊婦さんに優しい環境づくり、若者に対する普及啓発などについて、様々な意見・要望が聞かれました。

 最後に佐竹知事から、「日本一の学力や全国トップクラスの風力発電といった、プラス面の『秋田らしさ』を新たな目線、前向きな姿勢で見つめていくことが重要。限られた予算の中で人口減少対策を推進するため、何を重点的に行っていくべきか皆様の意見を取り入れながら検討し、県民が希望を持てるような総合戦略を策定したい。」とのコメントがありました。

 

 

 次回のベビーウェーブ・アクションは10月15日に開催予定です。

 

関連情報