企業・団体の取組

両立支援の取組紹介

一般事業主行動計画を策定した企業へ訪問しました【株式会社安楽】

2015.01.19

 次世代育成サポートアドバイザー派遣事業を利用して一般事業主行動計画を策定した企業へアドバイザーが訪問し、取組の進捗状況の確認や目標達成に向けたアドバイスをしています。


【訪問企業】    株式会社安楽(由利本荘市) 宿泊・飲食業
【アドバイザー】  船木 彰 社会保険労務士

【行動計画策定後の主な進捗状況】

◆策定した行動計画はこちら

目標1:達成できた。役職会議やミーティングでも制度周知を行った。
    今年度も職員に会議や回覧を通じて制度の情報提供を行い、周知を図っている。
目標2:看護休暇の時間帯付与を導入することとし、実際に運用を始めている。
    ただし、就業規則の改定作業が未達成。

 

【行動計画策定後に実感したメリット・意識の変化】

 

<経営者>子どもを持つ従業員が看護休暇など取りやすくなったことにより、仕事に向かう姿
     勢も意識も向上したと思われる。
<従業員>無理なく、仕事と育児の両立ができるようになった。

 

【これから両立支援に取り組む企業へのアドバイス

 

両立支援に取り組むことにより、経営者も従業員も、「まずは意識をする」ということができ
た。そこから周知を図り、検討を重ね、更に働きやすい環境にすることができたと思うので、
ぜひたくさんの企業に取り組んでほしいと思う。

 

一般事業主行動計画】

 

株式会社安楽  行動計画

 社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、
次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 平成25年11月1日~平成27年10月31日までの2年間

2.内容  
  目標1:妊娠中の女性社員の母性健康管理についてのパンフレットを作成して社員に
配布
      し、制度の周知を図る。
  
<対 策>●平成25年11月~ 社員へのアンケート調査、検討開始
       
●平成26年度~   制度に関するパンフレットの作成・配布、管理職を対
                  象と
した研修及び社内広報誌などによる社員への周知

  目標2:平成26年 4月までに、子の看護休暇制度を拡充する(子の対象年齢の拡大、
      半日又は時間単位での取得を認めるなどの弾力的な運用)
  
<対 策>●平成25年11月~ 社員へのアンケート調査、検討開始
       
●平成26年 3月~ 制度の導入、社内広報誌などによる社員への周知

関連情報