仕事と育児・家庭の両立支援

子育てしやすい職場環境づくり / 企業・団体の取組事例

一般事業主行動計画を策定した企業へ訪問しました【有限会社メロニーハウス ワッフルカフェSigh】

2015.01.19

 次世代育成サポートアドバイザー派遣事業を利用して一般事業主行動計画を策定した企業へアドバイザーが訪問し、取組の進捗状況の確認や目標達成に向けたアドバイスをしています。


【訪問企業】   有限会社メロニーハウス ワッフルカフェSigh(潟上市)
         宿泊・飲食業
【アドバイザー】 菅原 和久
 社会保険労務士

【行動計画策定後の主な進捗状況】

◆策定した行動計画はこちら

長期休暇制度の導入については検討を加えているが、具体的な行動としては未着手
「ふれあいカード」加盟店となり、その反響は大きく、ファミリー世代の来店が増加している
また、天王地区を中心とした中学校への出前授業も定例的に行っており、自社の取り組み事例
の紹介や、働くことの意義などの啓蒙活動も積極的に実施している。

 

【行動計画策定後に実感したメリット・意識の変化】

<経営者>地域でも相応の存在感がある店舗として認知されてきたと感じる。それは、カフェ
     の延長としての各種セミナーや著名講師による講話の開催、子どもたち向けの大人
     として、働く人としてと題した講演など様々な情報発信を継続してきた成果が一部
     表れているのではないかと推察する。今後も継続したい。
     よりよい会社にするための従業員との対話が弱いと一方では感じていることから、
     今後励行したい。
<従業員>潟上市外からの来店客も多く、一般的にイメージするカフェとは違うという認識を
     もっていただいている思う。それは従業員同士のコミュニケーションが円滑である
     ことや、このカフェを知ってもらう努力を会社全体で行ってきたからだと思う。
     若い従業員が多いが、結婚した者や、今後予定している者もおり、環境は日々変化
     しつつあることは間違いない。長く安心して勤められる会社を皆で作っていきたい

 

【これから両立支援に取り組む企業へのアドバイス

自社にとって、何ができて何ができないかを考えることが大切だと思います。当社は「これな
らできる」という部分から始めました。両立支援の取組が会社の業績にも貢献できる可能性は
大いにあると思います。

 

【一般事業主行動計画】

ワッフルカフェサイン(有限会社メロニーハウス ワッフルカフェSigh)

 行動計画

 仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備とともに、地域のコミュニティの場を提
供する各種施策の実施を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 平成26年2月1日~平成28年1月31日までの 2年間

2.内  容 
  目標1 : 長期休暇・休業に対応できる社内体制の構築を行う。

  
<対策>平成26年2月~ 他社の事例の情報収集を行い、メリット・デメリトの検
               討、行政の各種支援策の情報収集を実施する。
      
平成26年4月~ 労使検討を重ねて、導入に向けた対応を検討していく。

  目標2 : 職場見学会や自己実現に向けた各種セミナー等を開催し、地域に向けた情報発信
        を実施する。

      <対策>平成26年2月~ ニーズの把握。客層等のターゲットの選定。
              
平成26年4月~ 具体的なイベントの企画立案。開催頻度等の検討。

関連情報